音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Negicco「世田谷コンサート」で見せた新たな一面、エビ中との生電話や重大発表も

836

Negicco「世田谷コンサート」の様子。Kaede(左)の伴奏で歌うNao☆(中央)とMegu(右)。

Negicco「世田谷コンサート」の様子。Kaede(左)の伴奏で歌うNao☆(中央)とMegu(右)。

Negiccoの単独公演「世田谷コンサート」が、昨日4月22日に東京・世田谷区民会館で開催された。

Negiccoがダブルカルテット編成の“ネギストリングス”と鍵盤奏者のsugarbeansを従えて行った今回の公演。総勢8名のネギストリングスが荘厳な旋律を奏でたあと、「Make Up Prelude」に乗って登場したNao☆、Megu、Kaedeは「ネガティヴ・ガールズ!」で勢いよくコンサートをスタートさせた。続けて「RELISH」を歌った3人は本日の特別な編成について改めて説明しつつ、この日のために用意された新衣装を紹介。メンバーカラーの淡い色彩がフレッシュでキュートなこの衣装は小学生から募ったアイデアをもとに作られたもので、Nao☆が「この衣装……」と言うと同時にファンはNao☆お得意のダジャレ「いーっしょ!」を即座に返した。

その後「パーティについて。」「サンシャイン日本海」「カリプソ娘に花束を」の3曲を披露した彼女たちは、それぞれの近況について報告。Nao☆はこの4月で30歳になったこと、Kaedeは地元新潟で行われたプロ野球公式戦で始球式を行ったこと、MeguはFM新潟でレギュラー番組を新たに始めることを話した。そして「江南宵唄」「土曜の夜は」をクールに歌い上げたNegiccoは一旦観客に着席を促し、「Falling Stars」のバラードアレンジと「矛盾、はじめました。」の2曲を生演奏のみでじっくりと聴かせる。ここでネギストリングスとsugarbeansは一時退場し、3人は思い出野郎Aチーム作・編曲の「スマホに写らない」、磐越道全通20周年記念ソングとして制作された「グッデイ・ユア・ライフ」と新曲を2曲披露してファンを喜ばせた。

再び訪れたMCコーナーでは、春からの新生活について観客を交えながらトーク。Nao☆が高校で友達ができるかどうか中学の保健の先生に心配されたという思い出話で沸かせる中、場内には突然、謎の着信音が鳴り響く。突然の電話の相手はなんと埼玉・大宮ソニックシティでライブを行っているはずの私立恵比寿中学のメンバー安本彩花だ。「ネギネギ姉さんとまたライブがしたい」という安本からの出し抜けな提案に対し、Negiccoはこれを快諾。2017年1月に大宮ソニックシティで行われたジョイントコンサート、通称“エビネギ”の第2弾を、今度は東京と新潟の2都市で2019年新春に開催することを、電話越しに声を合わせて発表した。エビ中との電話を終えた3人は「友達っていいね」とうなずき合ってから「ともだちがいない!」で豪華編成のパフォーマンスを再開。「ライフ・イズ・キャンディ・トラベル」でピースフルな一体感を作り上げると、最後は「さよならMusic」「本日がスペシャル!」「ねぇバーディア」のアッパーチューン3曲連発で本編を締めくくった。

沸き起こった「アンコール、ネギ!」の声を受け、ホールの照明が再度点灯すると、ピアノの前に座っていたのはsugarbeansではなくKaede。この日のために耳コピで練習したという彼女の伴奏による「愛は光」で、3人は息の合った美しいハーモニーを聴かせた。大きな拍手と歓声に包まれる中、Negiccoは7月10日にニューアルバム(タイトル未定)をリリースすると発表し、再びネギストリングスとsugarbeansを迎え入れて代表曲「圧倒的なスタイル」を披露。恒例のラインダンスで会場を盛り上げ、ラストは「トリプル!WONDERLAND」でファンと一緒に「N.E.G.I.C.C.O!」の声をホールに響かせた。

なお昨日のエビ中との電話によるやりとりは、“エビネギ”の告知ムービーとして即日映像化され、イベントの特設サイトもオープンした。このコンサートの詳細は後日発表。同じく昨日のステージで発表された4thアルバムに関する詳細情報も後日改めてアナウンスされるので、ファンは楽しみにしておこう。

Negicco「世田谷コンサート」
2018年4月22日 世田谷区民会館 セットリスト

01. ネガティヴ・ガールズ!
02. RELISH
03. パーティーについて。
04. サンシャイン日本海
05. カリプソ娘に花束を
06. 江南宵唄
07. 土曜の夜は
08. Falling Stars
09. 矛盾、はじめました。
10. スマホに写らない
11. グッデイ・ユア・ライフ
12. ともだちがいない!
13. ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
14. さよならMusic
15. 本日がスペシャル!
16. ねぇバーディア
<アンコール>
17. 愛は光
18. 圧倒的なスタイル
19. トリプル!WONDERLAND

音楽ナタリーをフォロー