音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

WANIMA、センターステージで新曲も披露した幕張メッセ2DAYS

1263

WANIMA「Everybody!! TOUR」千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホール公演の様子。(撮影:瀧本 JON... 行秀)

WANIMA「Everybody!! TOUR」千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホール公演の様子。(撮影:瀧本 JON... 行秀)

WANIMAがライブツアー「Everybody!! TOUR」の千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホール公演を4月21日と昨日22日の2日間開催。2日間で4万5千人を動員した。ここでは22日の公演の模様をレポートする。

このツアーは彼らが最新アルバム「Everybody!!」を携えて2月より開催しているもの。バンドにとって最大規模で、ツアー全体で20万人を動員する予定となっている。

ライブは観客に360°を囲まれた形のセンターステージで行われた。彼らは「OLE!!」「Everybody!!」といったアルバム収録曲はもちろん、映画「OVER DRIVE」の主題歌に決定している新曲「Drive」も披露。演奏前にはKENTA(Vo, B)が「映画の監督さんも来てるけん、もし俺が歌詞を間違えて止まったらみんな歌って」と冗談を飛ばしつつ緊張した様子を見せていたが、「めちゃくちゃ思いがあふれちゃって作った」という同曲をエモーショナルに歌い上げた。またFUJI(Dr, Cho)はお得意のモノマネで盛り上げつつ、パワフルなドラミングでメンバーを引っ張り、KO-SHIN(G, Cho)は高らかなギターソロを奏でる。新旧の楽曲問わず、フロアからはバンドの演奏にあわせて大きなシンガロングが発生。その様子を見ながらKENTAは「めっちゃいい顔してるやんか!」と声を弾ませていた。

3人はカメラに向かっておどけてみせたほか、ド派手な演出を用意して会場の大きさを生かしたステージングを見せる一方で、MCではファンの声を拾うなど、客席との距離を感じさせないパフォーマンスで観客を喜ばせる。また今回センターステージを採用した理由をKENTAは「ライブハウスで育ったからスタンディングにこだわりがあって。その中でなるべくみんなに近付きたいと思った結果」と説明した。さらに下ネタ炸裂のトークで観客を笑わせたかと思えば、「シグナル」の演奏前には「WANIMAもこれからもいろんな挑戦していくから、みんなもいろんなことに挑戦して。ダメやったらいつでもWANIMAのところに戻ってきて。お金は貸せんけど、肩くらいは貸せるから」と強いメッセージを送った。

その後も熱演を見せながら、KENTAは何度も「生きとるうちになんでも好きにやれよ!」とファンへのエールを贈り続ける。そして最後にKO-SHINが「まだまだ続くぞー!」と残りの公演の意気込みを語り、3人は2日間の幕張メッセ公演を締めくくった。

なおツアーは5月3、4日の福岡・マリンメッセ福岡公演ののち、8月25、26日の埼玉・メットライフドーム公演をもって終幕する。

WANIMA「Everybody!! TOUR」(終了分は割愛)

2018年5月3日(木・祝)福岡県 マリンメッセ福岡
2018年5月4日(金・祝)福岡県 マリンメッセ福岡
2018年8月25日(土)埼玉県 メットライフドーム
2018年8月26日(日)埼玉県 メットライフドーム

音楽ナタリーをフォロー