音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

X JAPAN、米コーチェラでトリを務める

1434

X JAPAN

X JAPAN

アメリカ・カリフォルニア州インディオで行われる野外ロックフェスティバル「Coachella 2018」のタイムテーブルが発表され、X JAPANが4月14日と21日の「MOJAVE STAGE」でトリを務めることが明らかになった。

「MOJAVE STAGE」は収容人数1万人をはるかに超えるステージで、過去にPet Shop BoysやUnderworld、ジェームス・ブラント、リリー・アレンなどが出演。X JAPANは今回、ビヨンセとほぼ同時間帯である23:10にステージのトリを飾るライブを行う。

この日のX JAPANのライブでは、HIDE(G)とTAIJI(B)がホログラムでステージに登場する予定。さらにライブを盛り上げるゲストとして、Guns N' Rosesのリチャード・フォータス(G)と、Limp Bizkitのウェス・ボーランド(G)も出演する。

なお、SUGIZO(G)はビザの取得に難航し「Coachella」への出演が危ぶまれていたが、これについてYOSHIKI(Dr, Piano)は本日4月11日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで開催されたX JAPAN復活10周年記念ライブ「X JAPAN LIVE 2018 アメリカフェス出演直前 PREMIUM GIGS ~YOSHIKI復活の夜~」のステージで、「HIDEとTAIJIも一緒に行きます。そしてSUGIZOも行きます! さっき決まったんだよ。リハーサルやっている最中に。だから今日遅れたんだよ!」と言及。さらにこの復活10周年記念ライブにゲスト出演していたMUCCのミヤ(G)についても「ミヤも今回ビザも取って。せっかくだからステージ立ってもらおうかな」と、「Coachella」出演の可能性を示唆していた。

「Coachella」のYouTube公式チャンネルでは各ステージのライブの様子が生中継される予定で、X JAPANのパフォーマンスも中継を実施。会場に足を運ぶことができないファンも、日本にいながらにしてリアルタイムでライブを体験することができる。

なお米グラミー賞のオフィシャルサイト・GRAMMY.COMでは、ビヨンセ、ザ・ウィークエンドと並んでX JAPANを「今年の『Coachella』で最も期待のアーティスト」に選出している。

※記事初出時、見出しと本文の表現に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー