音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

乃木坂46、ゆずが今夜「Love music特別篇」で“絆のうた”熱唱

422

乃木坂46 (c)フジテレビ

乃木坂46 (c)フジテレビ

フジテレビ系で毎週日曜深夜に放送中の音楽番組「Love music」の特別編として、本日4月6日(金)23:00から「Love music特別篇 絆のうた」が放送される。ゲストはさだまさし、谷村新司、乃木坂46ゆず

番組では“絆”をテーマに「家族にとって、仲間にとって、大事な曲」を特集。掘りごたつを置いたセットに集まったゲストがトークを繰り広げ、“絆のうた”にまつわるドキュメンタリーを放送する。

ドキュメンタリーの1つ目は、長崎県の五島列島に住む7人の子供を抱えた大家族のエピソード。さだまさしの「案山子」こそが家族の絆を深めた宝物の歌だという、7人兄弟と頑固親父の成長物語を紹介する。さだは「ご家族の人生を通じてこの歌が流れているかと思うと、歌い手として光栄だと思う同時に、責任を感じる」と語り、「ふるさとは父であり母である、ということを伝えられたら」と言って詩情あふれるライブを披露する。

2つ目のドキュメンタリーでは、谷村新司の「いい日旅立ち」によって奇跡が起きたという夫婦を紹介する。自らのがんが発覚した直後に妻が若年性アルツハイマーを発症し、がんと闘い戦いながら妻を介護する夫。彼が想像を絶する生活に死を決意したときに、谷村の楽曲が奇跡を起したという。これに谷村は「覚悟を持って心して音楽をやらなくてはいけない、自分の心に響いた音楽を作らなければいけない、と改めて教えられた」と語る。

乃木坂46は、今月で卒業する生駒里奈がセンターを務めた曲「君の名は希望」を披露。先輩たちの楽曲と家族の絆のエピソードを聞いて「音楽の力を改めて感じた」という生駒は、「メンバーが変わっていっても歌い継いでいってほしい」と曲への思いを語る。スタジオトークには生駒のほか西野七瀬、生田絵梨花、齋藤飛鳥、秋元真夏が参加する。

そしてゆずは「栄光の架橋」を熱唱。この曲が老若男女さまざまな人々に歌い継がれていることについて、北川悠仁は「皆さんの節目節目に愛していただいて、僕ら自身も力をもらう、そんな曲になりました」とコメント。北川と岩沢厚治は奇しくも同じ曲を“家族の思い出のうた”として選び、幼少時代のほほえましいエピソードなども披露する。

フジテレビ系「Love music特別篇 絆のうた」

2018年4月6日(金)23:00~24:10
<出演者>
MC:森高千里 / 渡部建
ゲスト:さだまさし / 谷村新司 / 乃木坂46 / ゆず
ナレーション:松重豊

音楽ナタリーをフォロー