TPDの個性派ユニット・赤の流星、多彩なプログラムでファンを魅了した初ワンマンライブ

121

東京パフォーマンスドールの上西星来と脇あかりによるユニット・赤の流星が4月1日に東京・AKIBAカルチャーズ劇場で2部制の1stワンマンライブ「~あなたに逢いましょう~」を開催した。ここでは昼の部の様子をレポートする。

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)

大きなサイズで見る(全17件)

ライブはイベントタイトルでもあるディスコ調のナンバー「あなたに逢いましょう」でスタート。上西はシルバーのワンピース、脇はゴールドのロンパースという新衣装で登場し、開始早々に2人は息の合った歌声と磨き抜かれたダンスで会場を沸かせた。その後も2人は先代TPD・原宿ジェンヌのナンバー「千夜一夜」、エンタテインメント公演「PLAY×LIVE『1×0』 EPISODE 2」の劇中歌で2人の初コラボ曲となった「In The Wonderland」、りんごの小道具を使ったオリジナル曲「果実」など、多彩な楽曲を披露。全編を通してフェミニンな上西とボーイッシュな脇のコントラストで観客を魅了した。

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)[拡大]

ライブ中盤のソロコーナーでは、デニムシャツと白スカパンの衣装で登場した脇がビートの強いナンバー「Sunshine」を歌い、ギンガムトレンチコートを着た上西が80年代アイドルポップスふうの楽曲「この悪魔め!」を歌唱。「この悪魔め!」の間奏ではベージュのトレンチコートを着た脇が花束を持って登場し、上西とコミカルなやりとりを繰り広げた。

ソロコーナーが終わると2人は黒いコートに身を包んで登場。ジャズファンク調の新曲「Perfect Doll」をしっとりと聴かせたあとは、ピンクを基調とした衣装にチェンジして「Cocolo」「Move On!」などの新曲や「紅~beni~」、鹿児島国際大学のテレビCMソング「これが愛?!」といった代表曲を次々と届けた。

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)[拡大]

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)

赤の流星(撮影:Takayuki Shimizu)[拡大]

アンコールで赤の流星のオリジナルTシャツに着替えた2人は、歌詞とダンスを共作した新曲「to you」の制作エピソードを明かした。上西が「作詞は難しかったです。入れたい言葉がたくさんありすぎて、音にはめるのも大変でした」と述べ、脇が「落ちサビの部分が一番大切だから、何を伝えようか考えて言葉を選びました」と語ったあと、2人は同曲をパフォーマンスしてライブを締めくくった。

初のワンマンライブを成功させた赤い流星は、6月29日と7月27日に東京・CreAtoで定期公演「金曜日の流星」を実施することも決定。こちらの詳細は後日ユニットのオフィシャルサイトで発表される。

この記事の画像(全17件)

赤の流星「~あなたに逢いましょう~」2018年4月1日 AKIBAカルチャーズ劇場 13:00の部 セットリスト

01. あなたに逢いましょう
02. 千夜一夜 -Rearranged ver.-
03. In The Wonderland
04. 夜の旅人 -Rearranged ver.-
05. 果実
06. Sunshine -Rearranged ver.-
07. この悪魔め! -Rearranged ver.-
08. Perfect Doll
09. Cocolo
10. 純愛90’s -Rearranged ver.-
11. 紅 ~beni~
12. Move On!
13. これが愛?!
<アンコール>
14. to you

赤の流星 定期公演「金曜日の流星」

2018年6月29日(金)東京都 恵比寿CreArt
2018年7月27日(金)東京都 恵比寿CreArt

全文を表示

東京パフォーマンスドールのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 東京パフォーマンスドール の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。