yonige、満員O-EASTをエモーショナルに包んだツアーセミファイナル

796

yonigeが昨日2月24日に大阪・なんばHatchにてライブツアー「girls like girls tour」を終幕させた。ここではセミファイナルとなった2月18日の東京・TSUTAYA O-EAST公演の模様をレポートする。

yonige「girls like girls tour」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

yonige「girls like girls tour」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

大きなサイズで見る(全8件)

このツアーは彼女たちがメジャーデビューアルバム「girls like girls」を携えて昨年10月から行っていたもの。セミファイナルのこの日のチケットはソールドアウトで、老若男女さまざまなファンが会場に集まった。

牛丸ありさ(Vo, G)(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

牛丸ありさ(Vo, G)(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])[拡大]

ごっきん(B, Cho)(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

ごっきん(B, Cho)(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])[拡大]

サポートドラマーの堀江祐乃介(DREADNOTE)と共にステージに登場した彼女たちは牛丸ありさ(Vo, G)の「大阪yonigeです。よろしく」という簡単な挨拶のあとアルバムの1曲目「ワンルーム」でライブを始める。さらに「our time city」や「アボカド」など過去作からのアップテンポなナンバーを続けて場内のテンションを引き上げていった。最初のMCで2人は2年前に渋谷に来た際のエピソードや、上京して10カ月が経ったことに言及し、チケットソールドアウトで迎えたこの日を「パないですね!」と喜ぶ。さらにJR西日本のICカード・ICOCAの話題で盛り上がるなど、自由なトークを繰り広げた。

牛丸の「どんどん曲やっていきます」という言葉でライブを再開した彼女たち。勇ましい「おうまさん」や哀愁漂う「各駅停車」、フロアからリズミカルなハンドクラップが発生した「バイ・マイ・サイ」などアルバム収録曲を次々と披露していく。またドラムソロからなだれ込んだ「バッドエンド週末」、変拍子に乗せた「サイドB」、エッジの効いた「スラッカー」などを続け、さまざまな表情で観客を魅了していった。

yonige「girls like girls tour」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

yonige「girls like girls tour」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])[拡大]

2人は息もつかせぬパフォーマンスでファンを引き込む演奏時とは異なり、MCではゆるいムードを漂わせる。中盤にはごっきん(B, Cho)がこの日のフロアを見渡して「東京の人は斜に構えてる」と持論を展開。すると牛丸が冗談交じりに「騒げい!」と普段行わない煽りをしてみせるも、あまりの似合わなさにメンバーも、さらにはファンも苦笑いするというyonigeらしい一幕もあった。

yonige「girls like girls tour」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])

yonige「girls like girls tour」東京・TSUTAYA O-EAST公演の様子。(Photo by Viola Kam [V'z Twinkle])[拡大]

後半、3人の演奏はよりグルーヴィに。牛丸のメランコリックなギターから始まる「沙希」、ミディアムテンポの「しがないふたり」、牛丸のポエトリーリーディングで紡がれる「とけた、夏」が続けられると、場内には物憂げなムードが広がった。

最後にはごっきんが、過酷だったというツアーを回想。「ツアー終わるのほんまうれしいです」と笑いつつも、「関わってくれてありがとうございます」とファンへ感謝の言葉を述べた。そして彼女たちはライブを再開。牛丸がいっそう伸びやかなボーカルを聴かせた「さよならプリズナー」「さよならバイバイ」のあと、後ろから強い光に照らされ、「最愛の恋人たち」をエモーショナルに演奏する。ギターのノイズが場内に響く中、余韻を残したままステージをあとにした。

アンコールで再びステージに登場した3人はauのCMソングとして話題を集める新曲「笑おう」を演奏。最後に彼女たちは「あと1曲やって帰るかー」と名残惜しそうな表情を見せ「恋と退屈」を殺気迫る熱演で届けて、ライブを締めくくった。

なおyonigeは5月26日に大阪・寝屋川市立市民会館 大ホールにて初のホールワンマンを行うことを発表した。バンドのオフィシャルサイトでは3月11日23:59までチケットの先行予約を受付中。

この記事の画像(全8件)

yonige「girls like girls tour」
2018年2月18日 TSUTAYA O-EAST セットリスト

01. ワンルーム
02. our time city
03. あのこのゆくえ
04. アボカド
05. おうまさん
06. 最近のこと
07. 各駅停車
08. バイ・マイ・サイ
09. バッドエンド週末
10. サイドB
11. スラッカー
12. センチメンタルシスター
13. 沙希
14. しがないふたり
15. とけた、夏
16. さよならアイデンティティー
17. 悲しみはいつもの中
18. 最終回
19. トラック
20. さよならプリズナー
21. さよならバイバイ
22. 最愛の恋人たち
<アンコール>
23. 笑おう
24. 恋と退屈

yonige「寝屋川総取」

2018年5月26日(土)大阪府 寝屋川市立市民会館 大ホール

全文を表示

関連記事

yonigeのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 yonige の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。