音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「ハイロー」男子ナイトで琥珀&龍也が再会、あのインスタ投稿の裏話明かす

428

左から井浦新、AKIRA、久保茂昭監督。

左から井浦新、AKIRA、久保茂昭監督。

現在公開中の映画「HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION」の男性限定上映イベント「ハイロー“男子”ナイト」が、本日12月8日に東京・新宿ピカデリーにて開催。ゲストとしてAKIRA(EXILEEXILE THE SECOND)と久保茂昭監督、さらにサプライズゲストとして井浦新が登壇した。

劇中で伝説のチーム・ムゲンの元総長、琥珀役を演じたAKIRAは会場に足を踏み入れるやいなや、男性ファンからの熱い「AKIRAさん!」「琥珀さん!」というコールに「ヤバいっすね! このメンツでムゲン作りたいですね(笑)」と笑顔を見せる。そして「男性の方が世代を超えて熱狂して、『HiGH&LOW』の世界観を満喫してくれていて。3年間がんばってきてよかったなと思います」と感謝を述べた。一方、今回の男性限定イベントの開催に際しての裏話を「『男子ナイト』をやるってなったとき、(登壇者として)名前が上がったのが僕と久保監督だけだったんですよ(笑)。EXILE TRIBE、いっぱいいますよ?」と明かして、観客の笑いを誘った。

また久保監督は「今までのインタビューで言ってないことを1つ言おうかなと」と前置きし、「『HiGH&LOW THE MOVIE』は『2』と『3』を同時に撮ってるんですが、琥珀の最初のほうの源治とのアクションシーンで腕を折ってるんですよ」と、AKIRAが小林直己(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)演じる源治とのアクションの中で右腕の骨にヒビが入る怪我を負っていたことを初めて明かし、ファンをどよめかせた。「スタッフにも共演者にも誰にも言わなかったから、直己とか容赦なく右腕を攻めてくる(笑)」という久保監督の言葉を受け、AKIRAは「いい意味でも悪い意味でも自己責任なんで。だから源治さんは“源治モード”で来るんですよ(笑)。でも1つでも邪念が入ると(アクションを)遠慮しちゃうじゃないですか、だから迷惑がかからないように言わなかったんです。ただ青柳(翔)だけには言ったんですよ」と、琥珀の相棒・九十九を演じた青柳翔にだけ打ち明けたと語り、そのときの青柳の様子を「マジっすか! どうしちまったんだよ琥珀さん!みたいな感じで(笑)」と振り返ってみせた。

質問コーナーが終わりに差し掛かった頃、場内には「琥珀、心配だから来ちまったよ……」という声が響く。ここで会場に現れたのは彼の親友・龍也を演じた井浦新。思わぬサプライズゲストの登場にAKIRAは大いに驚き、井浦と熱いハグを交わした。

井浦はファンに向かって「いつも『THE MOVIE』シリーズでは写真か、車で轢かれるところの役で参加してました(笑)」と自らの役どころを語って笑わせる。そしてドラマシリーズでのAKIRAとの初共演シーンを「ファーストショットが轢かれるところで(笑)。でも、トンネルのところで九十九とやり取りしているときに目の前に琥珀が現れて、そこまでの(2人の)関係性、目の前で対峙した感覚というのがちゃんとありましたね」と、AKIRAとの共演を振り返った。一方AKIRAは劇場版最終章と謳われている「3」の公開時、「これでピリオドが付くということで」と、自らのInstagramアカウント(@exileakira_official)に琥珀としての龍也への思いを投稿したことを回想。その投稿に対して井浦のアカウント(@el_arata_nest)から、龍也としての返信を受けたやり取りを振り返り「龍也が新さんでよかった、作品を超えてつながっていると思いました」としみじみと語った。

音楽ナタリーをフォロー