さくら学院、倉島&黒澤が恩返し誓った2016年度卒業式

1337

さくら学院が昨日3月25日に東京・中野サンプラザホールにて、2016年度卒業公演「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」を開催。中等部3年の倉島颯良、黒澤美澪奈の2名がグループを卒業した。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。

大きなサイズで見る(全15件)

中学卒業と同時にグループを卒業する掟のある“成長期限定ユニット”さくら学院。転入式と同じく中野サンプラザホールにて行われた本公演には大勢の父兄(さくら学院ファンの総称)が駆け付け、2016年度さくら学院の集大成的なライブを見届けた。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。[拡大]

ライブは倉島の指揮でメンバーが合唱する「School days」でスタート。担任の森ハヤシとの掛け合いが楽しい自己紹介ソング「目指せ!スーパーレディー -2016年度-」で個性を爆発させたあと、クラシック音楽をモチーフにした「メロディック・ソルフェージュ」、花言葉について歌う「Hana*Hana」などで会場を元気いっぱいに盛り上げる。「ハートの地球」では12人で「SAKURA」の文字をポンポンを使って描いた。

帰宅部 sleepiece

帰宅部 sleepiece[拡大]

今年度の活動を振り返る「さくら学院 2016年度 歩みの映像」の上映が終わると、部活動ユニットのコーナーへ。山出愛子、岡崎百々子、日高麻鈴からなるクッキング部 ミニパティは「ダバダ♪サラダ de セボン☆アベニュー」を軽やかに届け、黒澤、麻生真彩、藤平華乃からなる帰宅部 sleepieceは「走れ正直者」をパジャマ姿で歌う。白衣に身を包んだ倉島、岡田愛、岡崎からなる科学部 科学究明機構ロヂカ? :ver 2.0は「デルタ」で息の合ったダンスをクールに披露。吉田爽葉香、有友緒心による購買部はコミカルに新グッズを紹介したあと、メンバー直筆メッセージ入りのボールを客席に転がす演出を取り入れた“卒業スペシャル”の「ピース de Check!」を歌唱した。

左から黒澤美澪奈、倉島颯良。

左から黒澤美澪奈、倉島颯良。[拡大]

続いてステージに現れた倉島と黒澤は今年度のアルバム「さくら学院 2016年度 ~約束~」に収録されているナンバー「ユビキリ」をスタンドマイクを使って熱唱。彼女たちのために作られたこの楽曲は倉島の好きなジャズと黒澤の好きな昭和歌謡のテイストを取り入れた1曲で、2人は切ないメロディをクールなダンスと共に届けた。倉島の「今年度のメンバーで歌いたい」という思いからセットリストに組み込まれたのは今年度初披露となる「さよなら、涙。」と一糸乱れぬダンスで観客を圧倒する「I・J・I」。父兄は彼女たちの感情を込めたパフォーマンスに胸を打たれた様子で、曲が終わると盛大な拍手を送った。

さくら学院は「My Graduation Toss」で終盤戦へ突入していく。「未完成シルエット」「アイデンティティ」といったさくら学院の楽曲ではおなじみのcAnON.が手がけたナンバーを言葉を噛みしめるように歌い、ラストの「message」では父兄と共にさくら色のフラッグを振った。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。[拡大]

卒業証書授与式では小等部6年の有友、藤平、森萌々穂、吉田、中等部3年の倉島、黒澤に倉本美津留校長から卒業証書が手渡された。送辞は在校生を代表して副会長の山出が担当。彼女は努力家の倉島の姿勢や黒澤のキャラクターから多くのものを学び、今年度初めて挑戦した舞台「秋桜学園合唱部」では女優志望の2人の演技を間近で見たことで芝居の楽しさを知ったと語る。生徒会長の倉島は答辞で自身のさくら学院での活動を振り返り、今年度はオリジナルメンバーと活動しているメンバーがいない世代だからこそ「今までのさくら学院をつなげたい」という思いが強かったと明かす。在校生1人ずつへ感謝の気持ちを述べたあと、「今年度の私たちは父兄さんをはじめ、たくさんの方々に支えていただきました。たくさん泣いて笑ってケンカをして、ぶつかり合いながらも少しずつ成長してきた3年間は私たちにとって大きな自信となり、何物にも替えられない大切な時間となりました。今まで見守ってくれてありがとうございました」と答辞を読み終えた。

倉本校長は式辞で「個性が両極端な2人がいたおかげで、この12人はより輝いたと思います。それぞれのアイデンティティがグッと出てきました。これは2人のおかげです。これから2人はスーパーレディーを目指します。その中でさくら学院は教育機関として素晴らしいところだと証明しながら、大きく羽ばたいてほしい」と倉島と黒澤にエールを送る。担任の森ハヤシは倉島と黒澤に「ここにいる俺たち大人はたくさん負けを経験してここにいる。何度負けても、失敗してもいい。ただ大切なことは、これだけは譲れないという信念を持つこと。俺には脚本家としての信念もあるけど、さくら学院の担任としての信念がある。それはさくら学院の個性を引き出す一番の存在でいたいということ。そういう思いでずっと担任をやっています。俺らは脚本家と女優という関係になるから、2人の個性を最高に引き出せる脚本を書くことをここに“ユビキリ”したいと思います」と語りかけ、瞳をうるませた。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」の様子。[拡大]

式典が終わると、12人は山出のピアノ生伴奏から始まる「旅立ちの日に ~J-MIX 2016~」を披露。最後は倉島が転入してきた2014年度の卒業公演と同じく「See you...」で締めくくった。すべての演目を終え、在校生は卒業生へ、卒業生は在校生へとメッセージを送る。黒澤は「私がMC委員長として目標としてきたことはMCでみんなの個性を引き出すこと。しゃべってる私たちも聞いてる父兄さんたちも楽しんでくれるそんなMCを作りたかったので、(今日のライブを終えて)私が1年間がんばってきたことがみんなに伝わったなと思ってうれしかったです。私は2年という短い期間でしたが、さくら学院に入ってすごく幸せでした。将来はスーパーレディになってみんなに恩返しをしたいです。2年間ありがとうございました」と涙ながらにコメント。倉島は「悔しい思いも楽しい思いもしたけど、今では全部がキラキラした思い出です。これからさくら学院を卒業して自分の夢に向かって進んでいくのに、この思い出は糧になると思います。この3年間の私のさくら学院生活のそばにはたくさんの支えてくれる方やメンバーがいました。これからはそんな方々に恩返しできるように、ここで学んだことを生かしていきたいです」と清々しい表情を見せた。最後に倉島と黒澤はマイクを通さず「ありがとうございました!」と叫び、拍手喝采を受けながらステージを下りた。

なお、この日の公演の模様は本日3月26日18:30より全国16カ所の劇場にて「The Road to Graduation 2016 ~さくら学院 2016年度 卒業~ ライブ・ビューイング」として上映される。開始10分前から会場限定映像「さくら学院ライブ・ビューイングの楽しみ方」も上映されるので、こちらもお見逃しなく。

この記事の画像(全15件)

さくら学院「The Road to Graduation 2016 Final ~さくら学院 2016年度 卒業~」2017年3月25日 中野サンプラザホール セットリスト

01. School days
02. 目指せ!スーパーレディー -2016年度-
03. メロディック・ソルフェージュ
04. Hana*Hana
05. ハートの地球
06. ダバダ♪サラダ de セボン☆アベニュー / クッキング部 ミニパティ(山出愛子、岡崎百々子、日高麻鈴)
07. 走れ正直者 / 帰宅部 sleepiece(黒澤美澪奈、麻生真彩、藤平華乃)
08. デルタ / 科学部 科学究明機構ロヂカ? :ver 2.0(倉島颯良、岡田愛、岡崎百々子)
09. ピース de Check! / 購買部(吉田爽葉香、有友緒心)
10. ユビキリ / 中等部3年(倉島颯良、黒澤美澪奈)
11. さよなら、涙。
12. I・J・I
13. My Graduation Toss
14. 未完成シルエット
15. アイデンティティ
16. message
~卒業式~
<アンコール>
17. 旅立ちの日に ~J-MIX 2016~
18. See you...

さくら学院「The Road to Graduation 2016 ~さくら学院 2016年度 卒業~ ライブ・ビューイング」

2017年3月26日(日)全国の映画館

※日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

関連記事

さくら学院のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 さくら学院 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。