音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Mr.Childrenツーマンツアー、アジカン迎えお台場で完結

5016

Mr.Children(撮影:薮田修身[W])

Mr.Children(撮影:薮田修身[W])

Mr.Childrenによる全国ツーマンツアー「Mr.Children 2マンLIVE」のファイナル公演が、11月26日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催。ASIAN KUNG-FU GENERATIONを迎えての競演が繰り広げられた。

開演前の場内には観客のざわめきと、ワンマンライブとは異なる若干の緊張感が満ちる。照明が落ち、大歓声に迎えられてステージに登場したのはASIAN KUNG-FU GENERATION。最初の楽曲「Easter / 復活祭」で山田貴洋(B)と伊地知潔(Dr)が鳴らす低音が会場に響き渡り、オーディエンスのテンションを上げていく。「Little Lennon / 小さなレノン」では後藤正文(Vo, G)が高らかにサビを歌い上げ、観客もそれに合わせて大きく腕を挙げた。イントロでひときわ大きな歓声が起こったのは「リライト」。曲が終わると後藤は「今日は贅沢だよね! このあと気絶するんじゃない? この距離だよ?(笑)」とフロア前方を指して笑わせ、「最後まで楽しんでください!」と呼びかけた。

喜多建介(G)のギターの音色がZeppにさわやかな空気をもたらした「ソラニン」「君の街まで」、山田と喜多、サポートメンバーの下村亮介(Key, G / the chef cooks me)のコーラスが荘厳さを演出した「踵で愛を打ち鳴らせ」と、中盤ではシングル曲を中心に演奏。「今を生きて」では軽快なリズムとメロディに乗せて観客たちのハンドクラップが鳴り響いた。MCで後藤は「このようなイベントに呼んでいただきありがとうございます」と挨拶したあと「僕らはこの間まで南米やヨーロッパでツアーをして帰ってきたばかりで。なのにTwitterを見てたら『アジカンはMr.Childrenの曲、何やるんだろう』みたいに期待されてて(笑)。準備できるわけないだろう!」とファンからの“期待”に反論する。だが「まあ、ちょっとぐらいは歌おうかなと……」と前置きして、Mr.Childrenの「花 -Memento-Mori-」をギターをかき鳴らしながらワンフレーズ熱唱。双方のファンから大きな拍手を浴びた。

「ループ&ループ」「君という花」と、ヒットシングル曲を連発したあと後藤は先ほどの「花 -Memento-Mori-」のカバーを振り返り「自分の曲を歌うより、人の曲を歌うほうが緊張するの知ってる? さっき膝ガクガクだったんだよ(笑)。しかも、みんな一緒に歌ってくれると思ったのに……何聴き入っちゃってるの?(笑)」と照れ隠しのように語る。そして「でも最高です。いい週末になりそうだね」と話し、「転がる岩、君に朝が降る」をていねいに歌い上げた。最後に披露された曲は最新アルバム「Wonder Future」の収録曲「Opera Glasses / オペラグラス」。ドラマチックなアンサンブルを通じ、現在の彼らのモードを改めてオーディエンスにアピールした。

続いて登場したMr.Childrenのライブは「未完」からスタート。イントロとともに桜井和寿(Vo, G)にピンスポットが当たると、フロアからは大きな歓声と拍手が起こった。桜井と田原健一(G)、中川敬輔(B)が演奏しながらステージ前方へ進み出ると、ライブハウスならではの近さにオーディエンスは興奮した様子を見せる。「未完」が終わると桜井は先ほどのお返しとばかりに、ギターを弾きつつASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」を一節歌い会場を沸かせる。桜井は「俺だって歌いたかったんだよ!(笑) ASIAN KUNG-FU GENERATION、最高だった!」と絶叫。その後も鈴木英哉(Dr)が踏むバスドラに乗せてエネルギッシュに奏でられた「ロックンロールは生きている」、シリアスなサウンドで場内の空気を変えた「REM」と、強力なナンバーを連発していった。

最初のMCで桜井はASIAN KUNG-FU GENERATIONに対して感じたシンパシーを語る。最新作「REFLECTION」のレコーディング中に自身のボーカルスタイルについて考え、「キーの高い曲が多いから低くすればいい」という意見も受けていたという桜井は、「『未完』みたいな曲は叫ばないと意味がないし、と思っていたんだけど、車でアジカンの曲を聴いて『叫んでんじゃん!』って。叫びたいっていう衝動があるのはものすごく大事なんだと気づいて、勝手に勇気と自信をもらいました」と、後藤のボーカルから受けた影響を明かした。

切なくも優しいギターと桜井が歌うメロディが響き合う「fantasy」、鈴木の「ノッてるかーい!(笑)」という掛け声から始まった疾走感たっぷりのナンバー「youthful days」と、華やかな曲が続いたあとは「少し静かな曲をお届けしたいと思います」という桜井の言葉から「忘れ得ぬ人」、そして「Sign」へ。5人の心のこもったサウンドに、オーディエンスはうっとりと聴き入った。

ライブの終盤、「掌」で会場のムードを再び変えたあとは「終わりなき旅」。桜井は途中の歌詞を、観客全員に届けるように「どこかにあなたを必要としてる人がいる」と変えて歌った。場内に力強く響いた「足音 ~Be Strong」が終わると、いよいよ最後の曲となった。桜井はこの日出演したASIAN KUNG-FU GENERATIONに改めて感謝を述べ、「音楽がいっぱいの人をつないでくれる。人と人の壁を取っ払うような、そんな曲を最後にお届けします」と語った。ラストナンバーは「隔たり」。豊かな音像が歌詞の世界を彩るバラードで、本編が締めくくられた。

アンコールの声に応えてメンバーは再びステージへ。桜井と鈴木はASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーTシャツ姿で登場し、フロアを沸かせる。「一緒に歌ってくれ!」という桜井の声から始まったアンコール1曲目は「名もなき詩」。鈴木が鳴らすタムと中川のグルーヴィなベースライン、田原の印象的なギターフレーズが力強く響き、サビではオーディエンスが大合唱を繰り広げた。

桜井はツアーファイナルを迎えた心境を「本当に今も楽しいし、楽しかったしすごく寂しいんですけど……」と吐露。そして「このタイミングでみんなに聴いてほしい曲があるんです」と、9月に終了したスタジアムツアー「Mr.Children Stadium Tour 2015 未完」のファイナル公演の直前に生まれたという新曲の存在を明かした。「泣いたり笑ったり、いろんなことがあって心が忙しい僕ら、私たち、あなたたち、という曲です」と桜井が説明したあと、この新曲「忙しい僕ら」が披露された。この曲は揺れ動く感情や心を抱きながらも、前に進み続ける人々を歌ったバラード。優しく柔らかなサウンドから始まり、最後は重厚なアンサンブルへと変化していく。彼らの新たな一歩を提示する新曲で、全5公演のツーマンツアーの幕が閉じられた。

Mr.Children 2マンLIVE
2015年11月26日 Zepp DiverCity TOKYO セットリスト

ASIAN KUNG-FU GENERATION

01. Easter / 復活祭
02. Little Lennon / 小さなレノン
03. リライト
04. ソラニン
05. 君の街まで
06. 踵で愛を打ち鳴らせ
07. マーチングバンド
08. 今を生きて
09. ループ&ループ
10. 君という花
11. 転がる岩、君に朝が降る
12. Opera Glasses / オペラグラス

Mr.Children

01. 未完
02. ロックンロールは生きている
03. REM
04. fantasy
05. FIGHT CLUB
06. youthful days
07. 忘れ得ぬ人
08. Sign
09. 掌
10. 終わりなき旅
11. 足音 ~Be Strong
12. 隔たり
<アンコール>
13. 名もなき詩
14. 忙しい僕ら(新曲)

音楽ナタリーをフォロー