音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

KREVA「意味深2」で新境地発揮&新曲初公開

2

KREVAが4月18日・19日に横浜アリーナで、アリーナライブ「意味深2」を開催した。

このライブは2007年にホール中心で行われ、好評を博した「意味深」の第2弾。今回は4月8日に大阪城ホール、18日・19日に横浜アリーナという大規模会場で、今後の新たな可能性を感じさせるパフォーマンスをファンに提示した。

ライブは新曲「成功」からスタート。その後も「THE SHOW」「Have a nice day!」といったヒット曲を、バックダンサーとともに披露した。

4曲歌い終えると、盟友・千晴や三浦大知が続々と登場。KREVAが他アーティストに提供した楽曲やコラボナンバーが歌われ、KREVAが久保田利伸とコラボした「M★A★G★I★C」を三浦大知と熱唱するなどして、ファンを沸かせた。

続いてのブロックでは、KREVAがDJブースに入り、DVJと最新の映像ミキサーを使用して「希望の炎」のミュージックビデオと同曲のライブ映像をリアルタイムでリミックス。新たな挑戦に着手したKREVAに、ファンは惜しみない拍手を送った。今はまだ覚えたてだというこの機材が、今後の作品作りやライブに大きな影響を与えることだろう。

この後、KREVAはオートチューンでエフェクトしたボーカルで、YMO「君に胸キュン」のカバーを披露。続いてSONOMIをステージに呼び入れ、「midnight」や新曲「ごめんね feat.KREVA」で共演を果たした。さらに、ボーカル&ピアノでさかいゆうがゲスト参加し、KREVAと2人で「生まれてきてありがとう」を思い入れたっぷりに熱唱した。

最後のブロックでは、KREVAのほかに、さかいなどキーボーディスト4人から構成された“クレイジーケンバンバンド”で、ヒットナンバー「くればいいのに」を熱演。ドラムやベース、ギターパートなどをすべてキーボードで表現するという、かつてない試みに客席からは大きな歓声と拍手が巻き起こった。その後も「スタート」「アグレッシ部」「音色」といった代表曲を次々に演奏。終盤にはDJやダンサーも加わって、ラストナンバー「ストロングスタイル」で大興奮のうちに2時間強のステージは幕を閉じた。

KREVAやサポートメンバー、ゲストたちがステージを去ると、スクリーンで7月にニューシングル「赤」、秋にニューアルバムがリリースされることを発表。さらに冬には全国ツアーも行われることが明かされ、会場のファンは思いがけないサプライズに喜びを隠せないようだった。

そして、7月リリースのニューシングル「赤」から、できたての新曲「瞬間speechless」がツアーリハーサル映像などとともに初公開。KREVAの“これから”を強く感じさせるメロディアスなナンバーは、ファンへの最高のプレゼントとなった。

なお、5月10日にはKREVA主宰レーベル「くレーベル」のイベント「くレーベル祭り 2009 ~く Label is Dead?~」が、LIQUIDROOM ebisuで開催。KREVAや熊井吾郎、SONOMI、千晴のほか、Romancrew、THE FLEX UNITE、SEEDA、L-VOKALというKREVAやレーベルとゆかりの深いアーティストが出演する。チケットの一般発売は4月26日からスタート。

KREVA CONCERT TOUR '09「意味深2」@横浜アリーナ セットリスト

01. 成功
02. THE SHOW
03. あかさたなはまやらわをん
04. Have a nice day!
05. 無礼KING feat.KREVA [千晴]
06. STOP!! feat.三浦大知 [千晴]
07. YOUR LOVE feat.KREVA [三浦大知]
08. Magic Remix(KREVA×三浦大知)勝手にリミックスシリーズ Vol.2
09. M★A★G★I★C(久保田利伸楽曲) [KREVA×三浦大知]
10. I Wanna Know You
11. 君に胸キュン [YMOカバー]
12. midnight [KREVA×SONOMI]
13. ごめんね feat.KREVA [SONOMI](新曲)
14. 生まれてきてありがとう(feat.さかいゆう)
15. くればいいのに
16. スタート
17. アグレッシ部
18. 音色
19. イッサイガッサイ
20. ストロングスタイル
VTR:瞬間speechless(新曲)

音楽ナタリーをフォロー