音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

2日で1万人動員「YATSUI FESTIVAL! 」大盛況、来年の開催も決定

238

「YATSUI FESTIVAL! 2015」1日目フィナーレの様子。(撮影:岡本麻衣)

「YATSUI FESTIVAL! 2015」1日目フィナーレの様子。(撮影:岡本麻衣)

やついいちろう(エレキコミック)主催のイベント「YATSUI FESTIVAL! 2015」が、6月20、21日の2日間にわたり東京・渋谷の複数会場にて開催された。今年から2日間での実施となったこのイベントには、アーティストやお笑い芸人、文化人など計260組が登場し、約1万人の観客が足を運んだ。会場となったのは、TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、渋谷7th FLOOR、渋谷duo MUSIC EXCHANGE、VUENOS、clubasia、Glad、SOUND MUSEUM VISIONの計10会場。各会場では、ロック、アイドル、そしてお笑いのライブ、トークショーなど、さまざまなステージが展開された。

■1日目:2015年6月20日

イベントの幕を開けたのは主催者である、DJやついいちろう。J-ROCKを中心としたオープニングDJでひとしきり会場を盛り上げると、彼はステージ上にベテラン声優の神谷明を呼び込む。神谷はアニメソングを数曲披露したのち、自らが声優を務めたアニメ「北斗の拳」のケンシロウの声で「お前はもう楽しんでいる」と力強くイベントの開会宣言を行った。

オープニングでやついの口から飛び出した「今日は観たことのないコラボがたくさん観られるから楽しみにしててね」という言葉通り、多彩なパフォーマンスを見せたのは、O-EASTのステージに登場した私立恵比寿中学。彼女たちはタブラ奏者U-zhaanの演奏に乗せて登場すると、タブラと歌のみという斬新な構成で「チュパカブラ」を披露。その後も、魔法少女になり隊、レキシ渋さ知らズオーケストラ×KenKenといったアーティストたちと1曲ごとにコラボレーションを展開して会場を沸かせた。同ステージでは、その後チャラン・ポ・ランタンと愉快なカンカンバルカン、清 竜人25といった個性あふれるアーティストたちのステージが続いた。

渋谷duo MUSIC EXCHANGEでのライブステージはラップアイドルグループ、lyrical schoolのフレッシュなパフォーマンスで幕開け。早見優と松本伊代のライブでは、客席最前列に並ぶ熱狂的な親衛隊からステージに応援コールが送られ、2人は照れながらも「学園天国」のカバーや、それぞれのオリジナルソングを歌って会場を盛り上げた。そんな大先輩アイドルのステージに負けじと、続けて登場したアップアップガールズ(仮)もグループの持ち味である攻撃的かつエネルギッシュなパフォーマンスで観客のボルテージをさらに高めていった。また、この日はVISIONでもBELLRING少女ハート、ゆるめるモ!ら強烈な存在感を放つアイドルたちが熱演を繰り広げて会場に訪れた観客を楽しませた。

O-EASTにおけるライブステージのトリを飾ったのはハナレグミ with U-zhaan。彼らはアコースティックギターの弾き語りとタブラという編成で「家族の風景」や「サヨナラCOLOR」といった楽曲をじっくりと聴かせていった。またライブ終盤で2人はアニメ「怪物くん」の主題歌「ユカイツーカイ怪物くん」を5拍子のリズムで演奏するという遊び心に富んだパフォーマンスを披露して場内をにぎやかに盛り上げた。続けてDJ KOOがステージに登場すると観客から大きな歓声が巻き起こる。彼はアッパーなダンストラックを畳み掛ける熱のこもったDJプレイを展開。TRFの「EZ DO DANCE」が投下されると会場は大きな一体感に包み込まれた。そして、やついのDJを経て、ステージにはこの日の出演者たちが登壇。最後は曽我部恵一が作詞・作曲した「YATSUI FESTIVAL!」のエンディングテーマ「月が今夜笑ってるから、ぼくらそっと東京の空を見上げる」を合唱し、イベント1日目はフィナーレを迎えた。

■2日目:2015年6月21日

2日目も前日同様、バラエティ豊かな出演者が各会場を盛り上げた。O-EASTのライブアクトとしてトップバッターで登場したNegiccoは素朴なMCで会場を和ませつつ、「アイドルばかり聴かないで」や「圧倒的なスタイル」といったキラーチューンを連発。3人は、やつい、今立進(エレキコミック)、片桐仁(ラーメンズ)からなる女装アイドルユニット・危険日チャレンジガールズ!のライブにも1曲参加して、ステージに華を添えた。

O-WESTでは人間椅子が重厚かつおどろおどろしいハードロックを爆音で鳴らして唯一無比の楽曲世界を展開する。ステージ終盤では「サブカル界の王様!」という和嶋慎治(Vo、G)の呼び込みを受け大槻ケンヂがステージに登場し、筋肉少女帯と人間椅子のコラボ曲「地獄のアロハ」など3曲を演奏した。また同会場では、ドレスコーズKING BROTHERSをバックバンドに迎えパンキッシュなステージを展開して観客を熱狂させた。

夕方には、銀杏BOYZがO-EASTのステージに登場。客席から怒号にも似た声援が投げかけられる中、峯田和伸(Vo, G)は2曲の新曲と「新訳 銀河鉄道の夜」「BABY BABY」をアコースティックギターによる弾き語りで披露。彼はギターを置くと、おもむろにマイクを手に取りボイスパーカッションを始め、そのままアカペラで「愛してるってゆってよね」を熱唱。さらに打ち込みの音源に乗せて峯田が激しく身体を動かしながら「I DON'T WANNA DIE FOREVER」を歌うと会場は一瞬で爆発的な盛り上がりを見せた。

イベント終盤では目玉企画として「エレキシヶ原の歌合戦」が行われた。これはやついいちろう率いる「やつい軍」とレキシ率いる「池田軍」が、歌を交互に披露しあい勝敗を決めるというもの。「やつい軍」にはコムアイ(水曜日のカンパネラ)、ゴンチ(Charisma.com)、蛭子能収が、そして「池田軍」には、いとうせいこう、いつか(Charisma.com)、片桐仁が参加して、それぞれの持ち曲を競い合った。対決中には、蛭子が歌唱した「ヨイトマケの唄」を聴いたコムアイが感動して思わず涙ぐむシーンなども見られた。なお両軍の対決は、忌野清志郎に扮したワタナベイビーの仲裁により引き分けに終わった。

カオティックな雰囲気がステージに漂う中、真っ赤なドレスに身を包んだ小林幸子が登場すると会場からはどよめきのような歓声が広がる。彼女はギターデュオ・SOUL GAUGEのジャジーな演奏に乗せて「思い出酒」を、そして、やついとのデュエットで「もしかしてPART II」を歌唱して艶やかな歌声を会場いっぱいに響かせた。

イベントのトリを務めたのはサニーデイ・サービス。彼らは「恋に落ちたら」や「あじさい」といった初期の楽曲から最新アルバムの収録曲まで幅広く演奏して観客を楽しませた。最後は、主催者であるやついがサニーデイの存在を知るきっかけになったと語る思い出のアルバム「若者たち」から表題曲を届けて3人はライブを締めくくった。フィナーレで、来年の「YATSUI FESTIVAL!」が6月18、19日に行われることをやついが発表すると場内からは歓喜の声が沸き起こる。そして最後は出演者がステージに集合して客席も映り込む形で記念撮影が行われ、2日間におよぶイベントは盛大に幕を下ろした。

DJやついいちろうコメント

2日間本当にありがとうございました!
今年のやついフェスは、前回を上回る260組の出演者の方々に参加してもらえました。
また2日間のチケットはすべて完売。1万人のお客さんに来場いただきました。感謝感謝です。
まだまだ若いフェスなので至らないところもありましたが、今後より良いフェスにするように頑張っていきたいと思います!
来年も6月18日(土)、19日(日)の2daysでやついフェス2016が行われることが決定しました!
次回も是非とも遊びに来てね。来年はよりパワーアップした形でお会いしましょう。ありがとうございました! よろピカル!

音楽ナタリーをフォロー