音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「卒業したらアルバイトしたい」乃木坂46十福神がセブンイレブンで接客

674

乃木坂46セブン-イレブン店頭接客イベントの様子。

乃木坂46セブン-イレブン店頭接客イベントの様子。

7月より乃木坂46とコンビニエンスストア「セブン-イレブン」によるコラボレーションフェアがスタート。これを記念し、本日6月13日に店頭接客イベントおよび記者発表会が東京・新丸ビルにて開催された。

セブン-イレブン新丸ビル フロアナイン店にて実施された接客イベントには生駒里奈、白石麻衣、橋本奈々未、西野七瀬、生田絵梨花、桜井玲香、秋元真夏、高山一実、深川麻衣、若月佑美の“十福神”が参加。彼女たちはセブン-イレブンの緑色のユニフォームを着用し、レジ打ちから商品の受け渡しまでの全行程を2人1組で担当する。最初こそ緊張した面持ちで、ときには慣れないレジ打ちに苦戦し奇声をあげる場面などもあったが、「いらっしゃいませ!」と元気よく声をかけ、和やかに会話をしながら笑顔でファンを送り出していった。

その後の記者発表会にて、西野はこのイベントの感想を「わりとリラックスして笑顔も忘れずにできたと思う」と安心した顔を見せる。これが初のアルバイト体験となった生駒は「レジ打ちがこんなに楽しいものだったとは。もし乃木坂46を卒業したらセブン-イレブンでアルバイトしたいと思うくらい充実した時間を過ごせました」と満足げに語った。

発表会ではこのコラボレーションフェアで用意されている特典やオリジナルグッズをメンバーがアピールした。最初に紹介されたのは7月22日リリースの12thシングル「太陽ノック」の予約特典として付属する超特大ポスター。通常盤では白石、Type-Aでは生駒、Type-Bでは生田、Type-Cでは橋本、セブン-イレブン盤では西野がフィーチャーされている。このポスターについて白石は「実物と同じくらいの大きさなので購入したら毎日眺めてほしい」と語った。

このほか、コラボレーションフェアでは7月4日より、対象商品購入でさまざまな特製グッズが配布される。グッズはお菓子5種が入った「菓子バッグ」を購入するともらえるクリアファイル、対象のお菓子2個同時購入でもらえるブロマイド、対象のパン2個同時購入でもらえる“乃木坂っぱえびせん”もしくは“乃木坂ッポロポテト”の計4種類。“乃木坂っぱえびせん”および“乃木坂ッポロポテト”について生田は「小さいころからなじみのある商品なので不思議な気持ちもするんですけど、自分がゲットできたらパッケージを保管して、将来子供にも自慢したい」とコメント。また税込700円以上の買い物をした人を対象にくじ引きが行われ、当選すると乃木坂46の電子マネー「nanaco カード」がもらえる。このnanaco カードについて橋本は「財布の中に忍ばせて、常に私たちを肌身離さず持ってほしい」と語り、さらに「わたしの名前は『奈々未』なんですけど、nanaco カードとコラボすることがわかっていたら親に『ななこ』ってつけてもらえばよかった」と、自身の名前にちなんだコメントで場内を笑わせた。

最後に、深川が普段からよく行くセブン-イレブンに自分たちのグッズが店頭に並んでいることが信じられないと言いつつ、「全国に店舗があるセブン-イレブンのように、乃木坂46も身近な存在になれたら」と記者発表会を締めくくった。

発表会のあとに行われた囲み取材では、「乃木坂っぱえびせん」「乃木坂ッポロポテト」のパッケージに自身の顔写真がプリントされていることについて、生駒が「うれしいですけど恥ずかしくて、顔を隠してしまうかも」と述べる。対して“自分の顔が好き”だという秋元は「すごいうれしくて絶対変装しないで買い物にいきたい」と発言し、メンバーと記者陣の笑いを誘う一幕も。また松井玲奈の卒業発表について質問が飛ぶと生駒は「卒業は寂しいですけど、玲奈さんと一緒に過ごせてよかった」と、同じグループの一員として活動していた期間を振り返り、「また乃木坂46のライブに遊びに来てほしいし、卒業後も共演できたらうれしい」と願った。最後に7月22日発売のニューシングル「太陽ノック」の話題へ。今作でセンターを務める生駒は表題曲について「今までの夏曲に比べてかわいらしい曲」だと説明。そして「“ノック”は打つんで“ヒット”させたいと思います」とガッツポーズを見せて意気込みを語り、メンバーからの喝采を浴びた。

なおセブン-イレブンでのニューシングル「太陽ノック」の予約受付は明日6月14日10:01から7月18日まで、そのほか店頭でのグッズプレゼントは7月4日からスタート。また「真夏の全国ツアー2015」応援グッズ付きチケットも用意されており、こちらは6月21日まで特設サイトにて予約を受付中。

※記事初出時、写真のキャプションの人名に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー