音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SMA創立41周年祝し奥田民生×スカパラ×OKAMOTO'Sが豪華セッション

1389

「ジャングル・ブギ」をセッションする奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、OKAMOTO'S、サンドクロック。(撮影:山本倫子)

「ジャングル・ブギ」をセッションする奥田民生、東京スカパラダイスオーケストラ、OKAMOTO'S、サンドクロック。(撮影:山本倫子)

ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)の創立41周年を記念したライブイベント「SMAはヨコハマもお好き?」が、6月6日と7日に神奈川・横浜赤レンガパーク野外特設ステージにて開催された。

6日の公演には奥田民生OKAMOTO'S東京スカパラダイスオーケストラの3組と開場中アクトとしてサンドクロックが出演。集まったファンは横浜港が目の前に広がる絶好のロケーションと、強力な出演者たちの豪華競演を存分に楽しんだ。

最初に登場した開場中アクトのサンドクロックは、滝田周(Vo, Key)と永田佳之(Vo, G)それぞれの声の魅力が生きた美しいハーモニーでオーディエンスを魅了する。続いてはこの日の1組目となる奥田民生のステージへ。「最強のこれから」「御免ライダー」と、力強い歌声と圧巻のバンドアンサンブルを横浜港に響かせる。MCで奥田は大雨だったライブ前日を振り返り、サポートベースの小原礼に向かって「よかった、昨日じゃなくて。昨日だったら礼さん帰ってたでしょ(笑)」と話しかけ、観客を笑わせる。その後も、柔らかなサウンドで会場を和ませた「スカイウォーカー」、王道のロックサウンドで盛り上げる「KYAISUIYOKUMASTER」と、幅広いナンバーを披露していった。

続くMCでは奥田が「このまましゃべり続けてもいいんだけどね。今日は氣志團がいないから(タイムテーブルが)押さないから(笑)。あいつら曲をそんなにやらなくても押すからね(笑)」と話し、事務所主催イベントならではのアットホームな雰囲気を楽しんでいる様子を見せる。最後は心地よい風が吹く中で「イージュー★ライダー」「風は西から」を披露し、会場の一体感を高めてステージを後にした。

2番手はOKAMOTO'S。オカモトショウ(Vo)の「愛のこもった歌、受け取ってくれ!」という言葉から始まった1曲目は「ラブソング」。続いてオカモトコウキ(G)のギターリフが印象的な「Beek」、さらにファンキーなビートでオーディエンスを踊らせた「まじないの唄」と、彼らの魅力が炸裂したナンバーを連発する。途中のMCではハマ・オカモト(B)がライブ前日に出演したテレビ朝日系「ミュージックステーション」での裏話を明かし、「デビューして5周年ということで、これが皆さんへの恩返しになればと。でも1回こっきりじゃなく、新しいシングルを出すたびに出演できるくらいのバンドになりたいと思います!」と決意を語り、大きな拍手を浴びていた。

ショウの「昨日『ミュージックステーション』でやった曲、やってもいいかい?」という言葉に続いて演奏された「Dance With You」では、観客が大歓声を上げて踊り狂う。さらに「HAPPY BIRTHDAY」「Let's Go! Hurry Up!」「JOY JOY JOY」とアッパーチューンが立て続けに演奏され、オーディエンスのテンションは上昇する一方。最後は「青い天国」で締めくくられた。

ラストを飾る東京スカパラダイスオーケストラのステージは、序盤から「Mission Impossible」「ルパン三世のテーマ」「DOWN BEAT STOMP」など、おなじみのナンバーばかりを連発し観客を一気に盛り上げる。5曲目「Just a little bit of your soul」では、スカパラメンバーとそろいのスーツを着たOKAMOTO'Sの4人がサプライズゲストとして登場し、13人でのセッションを披露。各メンバーのソロも展開され、オーディエンスを大喜びさせた。さらに「初めて一緒にやるよね?」(谷中敦 / B.Sax)という紹介から、OKAMOTO'Sのナンバー「Heart On Fire」が始まる。彼らがリリースしたコラボレーションアルバムにスカパラが参加したこの曲が、2組の生演奏で披露されるのはこの日が初。貴重なパフォーマンスでファンを魅了した。

普段とは異なるレゲエアレンジの「SKA ME CRAZY」「All Good Ska Is One」で、場内を爽やかな空気に導いた後はラテン調の「美しく燃える森」。ここで奥田民生が登場し、客席から大歓声が沸き起こる。熱唱する奥田は間奏でリズムに合わせてステップを踏み、会場を沸かせた。さらに奥田が「明日出演するバンド…ユニコーンの曲借りまーす!」と叫び、OKAMOTO'Sも加えて3組の競演によるユニコーン「スターな男」の演奏が始まる。アウトロでは沖祐市(Key)のソロに続き、“奥田vsスカパラ&OKAMOTO'Sメンバー”の図式でソロ合戦を繰り広げるが、奥田は1フレーズ弾くごとにギターを次々取り替えるという荒業に挑戦。曲が終わると奥田は「胸筋が攣った!(笑)」と疲労困憊の様子を見せ、「テッシー(手島いさむ / ユニコーン)のギターまで出てきたよ……自分の出番より疲れた(笑)」と苦笑いを浮かべ、ステージ上のメンバーたちを笑わせた。

最後の曲は「ジャングル・ブギ」。ここでは開場中アクトを務めたサンドクロックも登場し、この日の全出演者総出での豪華パフォーマンスを展開。華やかな雰囲気に包まれたまま、初日のステージが終了した。

SMAはヨコハマもお好き?
2015年6月6日 横浜赤レンガパーク野外特設ステージ セットリスト

サンドクロック

01. 80歳になったら盆栽を極める
02. EPOCH ~始まりの詩~
03. 1+1

奥田民生

01. 最強のこれから
02. 御免ライダー
03. スルドクサイナラ
04. イナビカリ
05. スカイウォーカー
06. KYAISUIYOKUMASTER
07. なんでもっと
08. 哀愁の金曜日
09. 快楽ギター
10. イージュー★ライダー
11. 風は西から

OKAMOTO'S

01. ラブソング
02. Beek
03. まじないの唄
04. Dance With You
05. HAPPY BIRTHDAY
06. Let's Go! Hurry Up!
07. JOY JOY JOY
08. 青い天国

東京スカパラダイスオーケストラ

01. Mission Impossible
02. ルパン三世のテーマ
03. DOWN BEAT STOMP
04. ペドラーズ
05. スキャラバン
06. Just a little bit of your soul with OKAMOTO'S
07. Heart On Fire with OKAMOTO'S
08. ONE STEP BEYOND with OKAMOTO'S
09. SKA ME CRAZY -skinhead reggae-
10. All Good Ska Is One -reggae samba-
11. 美しく燃える森 -Latin Fire Mix- with 奥田民生
12. スターな男 with 奥田民生・OKAMOTO'S
13. ジャングル・ブギ with 奥田民生・OKAMOTO'S・サンドクロック

音楽ナタリーをフォロー