音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

アプガ、ホノルル駅伝完走「今年の夏はアプガ史上一番熱い」

285

全員でゴールし記念撮影を行うアップアップガールズ(仮)。

全員でゴールし記念撮影を行うアップアップガールズ(仮)。

アップアップガールズ(仮)が5月31日(現地日程)にハワイ・ホノルルにて開催された「ホノルル駅伝&音楽フェス2015」に出場。見事メンバー全員で駅伝を完走し、直後の野外ライブで熱狂的なライブを繰り広げて“アプガ魂”を海外に見せつけた。

2014年には富士山山頂でのライブや陸上自衛隊の教練体験などに挑戦し、“アスリート系アイドル”として多方面で活躍の場を広げるアプガ。そんな彼女たちが今年で3回目の開催となる「ホノルル駅伝」に出場し、総計42kmの距離に挑んだ。大会では6人でチームを組み、それぞれが各区間を走破するのがベストではあるが、7人組のアプガはあえてチームを2つに分けて1人あたりの走行距離を増やすというハンデキャップを背負って参加することに。古川小夏、森咲樹、佐保明梨の3人は、「はやぶさのような素早さで駆け抜けたい」という思いから“チーム・超はやぶさ”を命名。そして仙石みなみ、佐藤綾乃、関根梓、新井愛瞳の4人は、日本らしさを世界にアピールするために“チーム・忍JAPAN”という名前で駅伝に参加した。

まだ太陽も登らない午前5時半、今年のフェスのプロデュースを担当したクレイ勇輝(キマグレン)が挨拶を行い、彼の号砲で駅伝がスタート。1区を担当する古川、関根は集団の中盤辺りに位置付けて足取りも軽やかに最初の5.3kmの道のりを走り始める。カピオラニ公園からダイヤモンドヘッド周辺を走り、先に2区へとたどり着いたのは古川。彼女は28分57秒という好タイムで佐保へとたすきを渡し、到着後も笑顔でメンバーと会話するなど手応えを感じていた様子を見せる。そしてその3分後には関根も到着し、少しでもタイムを縮めようとラストスパートをかけて佐藤にたすきを託した。

2区は全区間で最も長距離の9.1kmの道程。先に飛び出した佐保はチーム人数の関係で2区、3区(6.2km)を2区間連続で走らねばならず、計15kmもの長距離に挑戦することに。しかし佐保は持ち前の負けん気の強さで序盤から速度を落とさず2区間を快走。背後から陸上部出身の忍JAPANのエース・仙石みなみが迫る中、佐保は追い越されることなく2区間を走り切る。そしてメンバーからもあまりにも速すぎるスピードに「キモい!」と言われてきた仙石は、長距離にも関わらず2区間を連続で激走し、好タイムをたたき出して5区の新井を送り出す。

森は佐保と同様、2区間で15kmの道のりを担当。時間の関係で本番前の調整も心の準備もできぬまま走り出した森は、あまりにも長い距離に途中で心がくじけそうになりながらも涙ながらに2区間を完走する。新井も苦手な長距離走で足が止まりそうになるものの、つらいときは本番前に佐藤からもらった手作りのミサンガを見て、メンバーとの絆を感じながら歩みを進めた。

そして最後の6区では第1走者の古川、関根が再び復路を走り切り、超はやぶさが189組中79位、忍JAPANが130位という結果で見事全員完走でゴールした。ゴールには彼女たちのファンツアー参加者で、同駅伝にも出場していたファンが自分たちの疲れも忘れて集まり、彼女たちを拍手で祝福。メンバーは温かい拍手と歓声をゴールで受けて、駅伝という試練をともに共有したファンと絆の深さを確かめ合った。

駅伝終了50分後には、ゴール地点のカピオラニ公園バンドスタンドのステージにてアプガのライブが間髪入れずに開催。メンバーは駅伝での疲れをまったく感じさせないパワフルなパフォーマンスで、日本からのファンのみならず駅伝に参加した海外の参加者の心を震わせた。メンバーは英語でのMCにチャレンジし大歓声を受けると、勢いを止めずに「UPPER ROCK」「アップアップタイフーン」「美女の野獣」「全力!Pump Up!!」を青空の下で歌い上げる。

ライブ終盤には新井が「来年もこのホノルル駅伝に出られるよう日本でも活動をがんばりたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします!」と叫び、さらに関根も「アプガはこれからもいろんなことに挑戦していって、皆さんにサプライズをたくさん届けます!」とオーディエンスに約束。その後ラストナンバー「サマービーム!」を全員で熱唱した。歌唱中、メンバーは客席へとなだれ込んで駅伝参加者にアピールを行い、ファンが作り出したサークルで会場が盛り上がる中、感動的なライブは幕を閉じた。

イベント終了後駅伝の感想を求めると、仙石は「私は唯一マラソン経験者だったんですけど、ほかのメンバーは長距離走の経験がほとんどなくて不安がありました。でも、本番では必死な表情で誰もくじけずにゴールすることができて本当にうれしかったです。改めて今回の駅伝でメンバーの大切さを実感できましたし、こんなに頼もしいメンバーがいるんだってことを感じられましたね。みんな、練習のときには私のアドバイスを真剣に聞いてくれて『しっかりしたみーこが見れてカッコいい!』って言ってもらえたことが私としてもうれしくて、メンバーのために少しでも力になりたいと思いました。メンバーのみんなが辛くても足を止めずに前へと進もうとしてくれたことが私はうれしかったです」と今回の駅伝を振り返り総評を語った。

続いて関根も「正直こんなに壮絶な戦いになるとは思わなくて。私は1区と6区を担当したんですけど、6区は気温も上がるしそれが一番大変でした。でも厳しいときにメンバーのことが頭に浮かんで、みんなが支えになっていることに改めて気付きました。それにファンの皆さんも走りながら応援してくれたから走り切ることができたと思います。でも私自身、駅伝はすごく楽しくて。すれ違う人がみんな応援してくたのでつらいって気持ちはなかったです」と笑顔で感想を語る。途中涙を見せた森は「今回の駅伝は今まで挑戦してきたことの中で一番つらかったです。スタートがバタバタになってしまったのもあるんですけど、2区間連続なのがとにかく厳しくて。でもコーチからのアドバイスを思い出しながらなんとか完走することができました。ゴールした瞬間、みんなが駆け寄ってくれたのが最高にうれしかったです!」と胸中を語った。

さらに仙石は7月5日に東京・日比谷野外大音楽堂にて開催される単独ライブについて「今回のハワイでの野外ライブを経て改めて思ったのは、野外ライブは一番アプガのパワーを放出できる場所だということです! だから野音は私たちの本領を発揮できる場所だと思うので、単独で2時間ガッツリとしたライブを見せたい。すべて出し尽くして“アプガ史上一番熱い夏”にします!」と猛アピール。そして更なる目標である東京・日本武道館でのライブ開催を目指して仙石は「今の私たちにとって日本武道館でのライブはツアーを成功させた先にある夢の場所です。現在行っている全国ツアーで結果を出せれば夢が叶うかもしれません。私たちはこのあふれ出る熱い気持ちを満員の武道館にぶつけたいんです! 今回の駅伝や全国ツアー、日比谷野音でのライブなどでさらに力を付けて、絶対に武道館でのライブを実現させます!」と熱いコメントを寄せた。

音楽ナタリーをフォロー