音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

吉田拓郎avexへ電撃移籍!最後の全国ツアーを開催

吉田拓郎がavex traxへ移籍。4月15日にニューアルバムをリリースし、6月からは自身最後の全国ツアーを開催することを発表した。

1970年に「イメージの詩/マークII」でデビューした吉田拓郎。デビューから39年目となる今年、新天地・avex traxへの電撃移籍を発表した。

4月15日にリリースされるアルバムは、2003年の「月夜のカヌー」以来約6年ぶりのフルアルバム。拓郎自身が全曲の作詞作曲を手がけており、彼が現在感じていることをそのまま書き下ろした等身大の作品となっている。体調不良で活動を休止した一昨年から感じているという「頑張らないことも大切」という考えをテーマにした、現代社会へのメッセージソング「ガンバラないけど いいでしょう」など、全10曲を収録予定。

また、6月21日からは最後の全国ツアーとなる「TAKURO YOSHIDA Have A Nice Day LIVE 2009」を9公演にわたって開催する。このツアーでは延べ3万人を動員予定で、彼のキャリアを締めくくるラストラン的位置付けとなる。

3月22日には、約2年半ぶりの元気な姿を収録したスタジオライブの模様をNHK BS2で「大いなる明日へ~復活!吉田拓郎~」としてオンエア。この中ではニューアルバム収録の新曲も披露される予定となっている。

拓郎は今回の移籍と新たな活動について「今さらとお思いでしょうが…」とコメント。日本のミュージックシーンを築き上げてきた彼の、新展開に期待しよう。

音楽ナタリーをフォロー