音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

斉藤和義の曲が地球を救う!話題映画のサントラ発売

斉藤和義が音楽プロデュースを手がけた映画「フィッシュストーリー」のサウンドトラックが2月25日に発売されることになった。

この映画は原作・伊坂幸太郎、監督・中村義洋という「アヒルと鴨のコインロッカー」の名コンビが再びタッグを組んで作り出した作品。劇中のパンクバンド・逆鱗が最後に作った曲「FISH STORY」が、1975年の発売当時は誰にも聴かれなかったものの時空を越えて人々をつなぎ、2012年に地球滅亡の危機を救うというストーリーとなっている。

斉藤は伊坂の原作小説に書かれた一節「僕の孤独が魚だとしたら、そのあまりの巨大さと獰猛さに、鯨でさえ逃げ出すに違いない」を元に、物語のキーとなる曲「FISH STORY」を制作。逆鱗のメンバーは伊藤淳史、高良健吾、大川内利充、渋川清彦が演じている。

サウンドトラックには逆鱗による「FISH STORY」「何も無い」や、エンディングテーマとなっている斉藤和義の「Summer Days」、さらにボーナストラックとして「FISH STORY」の斉藤和義バージョンなど全16曲を収録。映画ファンのみならず要注目のアイテムとなっている。

収録曲

01. FISH STORY / 逆鱗
02. FISH STORY(1975年間奏無音バージョン) / 逆鱗
03. 何も無い / 逆鱗
04. Summer Days / 斉藤和義
05. 髪をなびかせた王子
06. 最後の太陽
07. 船上の君
08. シージャック~正義の味方現る
09. 正義の味方ができるまで
10. ひとすじの光
11. 夢は時空を越え
12. 絶望と狂気
13. そして女神は微笑んだ
14. ゆみこ いっとくブラザース
15. 何も無い (プロデューサーアレンジ Ver.) / 逆鱗
16. FISH STORY / 斉藤和義(Bounus Track)

音楽ナタリーをフォロー