音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

渡辺麻友、横山由依、岩田華怜が“ミルクプラネット”結成

181

4月18日(金)深夜からテレビ東京系でドラマ「セーラーゾンビ」が放送される。その劇中に登場するアイドルグループ「ミルクプラネット」としてAKB48渡辺麻友横山由依、岩田華怜が出演することが明らかになった。

「セーラーゾンビ」は映画監督・犬童一心が企画・総合演出を担当し、AKB48の大和田南那、川栄李奈、高橋朱里が主演を務める“青春ポップホラー”ドラマ。ミルクプラネットは劇中に人気アイドルグループとして登場し、大和田演じる主人公・乾舞子の空想の中でピンチ時にアドバイスをしたり、各回の冒頭で放送回の見せ場を語るストーリーテラーの役割を果たしたりなどドラマの中で鍵をにぎる存在となる。またミルクプラネットはドラマのエンディングテーマ「セーラーゾンビ」を歌うことも決定しており、同曲のPVでは彼女たちの“ゾンビ姿”を見ることができる。

今回ミルクプラネットとしてドラマに出演することになった渡辺は「最初このお話をいただいた時、AKB48の若手メンバーが主演のドラマで、私たち3人が“ミルクプラネット”というみんなが憧れるアイドルグループという設定がとても面白そうだなと感じました。私たちの歌う主題歌『セーラーゾンビ』もキャッチーで誰が聞いても覚えやすいし、すぐに口ずさみたくなるような曲、とても気に入っています!」とコメント。また「このドラマがきっかけになって、“ミルクプラネット”として今後AKB48のコンサートでも歌えたりいろいろと展開していけたらいいですね」と3人での活動の場をドラマ以外でも広げていきたいという気持ちを明らかにした。

渡辺麻友コメント

最初このお話をいただいた時、AKB48の若手メンバーが主演のドラマで、私たち3人がミルクプラネットというみんなが憧れるアイドルグループという設定がとても面白そうだなと感じました。私たちの歌う主題歌「セーラーゾンビ」もキャッチーで誰が聞いても覚えやすいし、すぐに口ずさみたくなるような曲、とても気に入っています! インパクトがあるから、エンディングにぴったりですね。MVも撮影セットがピンクを基調としていてとても可愛く、より一層アイドルの役に入り込むことができました。ドラマでは対照的なゾンビの世界もありますが、アイドルシーンがあるからこそ、よりギャップが出せて面白いと思います。ホラーものは怖がりなので苦手なのですが、自分でやるのは楽しいです! 今回ドラマのメインとなるAKB48若手メンバーは、期待されての大抜擢だと思いますし、この経験がさらに成長できるとてもいい機会だと思うので、このチャンスをいかして大きく羽ばたけたら先輩である自分も嬉しいです。ミルクプラネットはこのドラマから生まれたユニットということで、わたしたちも一緒に更にドラマを盛り上げていけたらと! このドラマがきっかけになって、ミルクプラネットとして今後AKB48のコンサートでも歌えたりいろいろと展開していけたらいいですね。

横山由依 コメント

主題歌を担当し、ドラマにも出演することが、わたしの夢のひとつだったので、今回3人というユニットのかたちではありますが、叶ってとても嬉しいです。3人ともAKB48ではついこの間まで同じチームだったので、気心も知れているし、やりやすいですね。主題歌も3人それぞれの個性をうまく活かしていただいているようで、疾走感があるし憶えやすい、本当にステキな曲だと思います。ドラマから生まれたアイドルユニットというのはとても珍しいことですし、自分にとっても、とてもいい経験になりました。たくさんの人に愛してもらえるドラマ、そして主題歌になれたら、と思います!

岩田華怜コメント

麻友さん、由依さんと一緒にドラマに出演できると聞いた時は本当に嬉しかったです。しかもミルクプラネットは衣装も曲も振付もとっても可愛くて…! 3人のユニットというのは初めてなので余計に気合が入りますね。 歌のタイトルが「セーラーゾンビ」だったので、そのイメージからオドロオドロしいものになるのかな?と思っていたら、まったく違っていて、楽しくて歌いやすい曲でした。実は、今回一番楽しみにしていたのは、ゾンビになれることだったんです! 普段から特殊メイクも好きで、自分でやって遊んでいたり、ホラー映画も好んで観たりしています。ミルクプラネット、欲を言うならば、ドラマだけにとどまらず単独ライブなどでも活動できればいいなぁ、と(笑)。勢いのあるユニットになれたらと思います! ドラマも可愛い女子高生、アクション、ゾンビと見所がたくさんあるので、いろいろな所に注目してみてください!

■セーラーゾンビ 第一話「転校生」

音楽ナタリーをフォロー