音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

一番のBAD GIRLは?乃木坂46が劇場版BBJイベントに集結

114

11月9日から劇場公開される映画「劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-」の公開直前記念イベント「"BAD GIRLS J" 乃木坂46スペシャルナイト」が、本日10月30日に都内で開催された。

「"BAD GIRLS J" 乃木坂46スペシャルナイト」は「劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-」に出演する乃木坂46メンバーが一堂に会するイベント。それぞれが思い思いにイメージした“BAD GIRLS”風の衣装で登場し、歌とトークで会場を盛り上げた。

イベントには橋本奈々未、白石麻衣、生駒里奈、松村沙友理、能條愛未、若月佑美、桜井玲香、伊藤寧々、伊藤万理華、秋元真夏の10名が登壇。橋本は「先日試写会をやったときは女性のお客さんが多かったんですけど、今日はたくさんの男性の方にも映画を観ていただけてうれしいです」と客席に向かって挨拶した。「BAD BOYS J」のテレビシリーズに出演していなかった白石は撮影の感想について、「初出演ということですごく緊張したんですけど、周りキャストの方も監督もスタッフの方もすごくやさしく接してくれて、撮影はすごく楽しかったです。あとスクリーンに映った自分がなんかカッコいいな、クールだなと(笑)」と笑顔でコメント。またこの日のイベントの様子がYouTube Liveを通じて生中継されていることに触れると、生駒は「日本の方だけではなく、もしかしたら海外の方もこの生放送を観てるかもしれないので、世界にも『BAD BOYS J』の魅力が伝わるようにがんばりたい」と意気込みを口にした。

その後、イベント司会者から「最近やってしまった“BAD”なこと」と質問されると、松村は「最近あるゲームにハマっておりまして、今日こういう大事なお仕事があるのに今朝4時半までやってしまいました」と回答。この発言に観客が微妙なリアクションをしたため、松村は続けて「最近、乃木坂46は写真集を出したんですよ。メンバーがみんなかわいすぎて、写真集に写ってるメンバーの写真1枚1枚にチューってしちゃいました」と告白すると、ステージ上にいたメンバーから「キャーッ!」「気持ち悪い!」と悲鳴が上がった。

さらに「“BAD GIRLS”風の衣装を着たメンバーのうち、今日一番“BAD GIRLS”のイメージに近いのは?」という質問には、多数決で能條が1位に輝いた。その理由を松村に尋ねると、「以前あるメンバーが沖縄のおみやげでちんすこうをくれたんですね。1人1個だったのに、愛未ちゃんはそれを3個、4個持っていって、食べられなかったメンバーが出たんです」とコメント。能條は「えーっ、みんなも2個食べてたじゃん!」と反論したものの、ほかのメンバーは「食べてないよー」と返し、会場は笑いに包まれた。

トークで客席が温まると、井上小百合、川村真洋、斉藤優里、中田花奈、畠中清羅、星野みなみも加わり、映画の挿入歌「世界で一番 孤独なLover」をパフォーマンス。ライブ会場さながらの盛り上がりをみせたところで、橋本が「今回の『劇場版 BAD BOYS J-最後に守るもの-』は、乃木坂46の銀幕デビューとなる作品でもあります。とても素晴らしい作品に関わらせてもらえたこと、そして皆さんに観てもらえることを心からうれしく思います。本当に内容の詰まった、とっても面白い作品になっていますので、ぜひ皆さん劇場まで足を運んで楽しんでください」と挨拶をして、30分にわたるイベントを終えた。

音楽ナタリーをフォロー