「聴くなら聞かねば!」ビジュアル

佐々木敦&南波一海の「聴くなら聞かねば!」 2回目 後編 [バックナンバー]

和田彩花とアイドルの自由意思を考える

ウエディングドレスは幸せの象徴なのか?

335

佐々木敦南波一海によるアイドルをテーマにしたインタビュー連載「聴くなら聞かねば!」。前回に引き続き和田彩花をゲストに迎えたトークの後編では、和田に自らが目指す表現の在り方やアイドルとファンとの関係性、アイドルの恋愛問題、またアンジュルムメンバーと自身の未来などについて語ってもらった。

構成 / 瀬下裕理 撮影 / 猪原悠(TRON) イラスト / ナカG

アートとアイドルがクロスする

南波一海 和田さんがソロになってから1年以上経ちましたが、最近はライブがだんだんインスタレーション化していますよね。あの方向性は、コロナ禍になってライブを鑑賞するようになった今の流れにハマってるなと思うんですよ。

和田 そうですね。うまい具合にいきました(笑)。

和田彩花

和田彩花

佐々木 それはもともとやってみたかったことが、ちょうど今の状況とリンクしたということですか?

和田 春にやったライブでお客さんたちが静かに鑑賞してくれたので、そのまま引き続きという感じですね。以前から盛り上がることだけを目的としたライブにどこかで疑問を感じていたというか。人の感情を動かすためだけに光や音をバンバン出す演出を観て、それって欲望とか消費をどんどん加速させていく現代社会ともどこか重なる部分がある気がして。きっと美術を観ているから意味を探してしまうんですけど、「意味を持ってパフォーマンスしていたら、ものすごくカッコいいのにな」というライブにも何度か出会ったので、自分がやるときはすべてに意味のあるライブにしたいと思ってます。とはいえ目指し始めたばかりなので、今年はいろいろやっていきたいですね。

南波 和田さんのライブそのものへの考え方、見せ方みたいなものが急速に変わっている気がします。

和田 そうですね。それはあると思います。

佐々木 実際にやれるかどうかは別にして、2021年のライブのビジョンはあるんですか?

和田 一番やってみたいのは森でライブをすることです。ライブと場所の関係性というのが今の私の関心事の1つで。ステージと客席みたいに両者の関係がはっきり分かれていないところでやりたいんです。もちろんお客さんがそこにいればいいけど、いなくてもできるかもしれないし。あと最近は、自分の声を探るのがすごく楽しくて。声の出し方とか、話し方とか。あとはポエトリーリーディングにも興味があって、今は小説から引っ張ってきた1節と自分の曲とを混ぜてみたりしてます。

佐々木 歌うだけではなくて、自分の声や語りを使っていく?

和田 そうです。

南波 やっぱりインスタレーション化してるんですね。ライブというよりも和田さん自身の存在が(笑)。

和田 あはは(笑)。

佐々木 アートとアイドルという今まで別々だったものがだんだんクロスしている状態ですよね。

和田 単純に自分の興味があることをやろうとすると、エンタテインメント的なものとかけ離れてしまうということに、少し前まではグラグラ揺れていたんです。でも自分がやりたいことをあえてアイドルのままやることに意味があるなと思うようになって。なんとかうまくその道を作っていきたいです。でも、決してアートをやりたいというわけではないし、それは自分の中で一線引いてます。

佐々木 アイドルではなくアーティストとして活動していきたいということではない?

和田 ではないです。私がアーティストだと思っている人たちのようには、私はできないです。そこはファンとして、別物と考えてます。

私はずっと根に持つタイプ

南波 こうやってお話を聞いていると、和田さんがここ最近、美術やジェンダー関連の話題でさまざまなメディアから引っ張りダコになっているのがすごくわかります。

佐々木 自分の発言を周りから求められていることについては、どう思いますか?

和田 自分にできることの1つなのでやっているだけです。あとは、勉強になるなとは思いますね。ジェンダーのことを話すのって最初はすごく難しそうで、うまく話せなかったんですけど、その反省を振り返りながら本を読んだりしてみると、いつの間にかちょっとずつ話せるようになったりする。だからもうちょっとがんばります(笑)。

和田彩花

和田彩花

南波 先のことはほかに何か考えている?

和田 あ、前に南波さんとお話したときに私小説を書いてみたいと話したんですけど、結局小説じゃなくてエッセイになりました。どこかで公開できたらと思ってます。

南波 えー! そうなんだ。

和田 はい。今はその公開準備をしてます。あと2021年は展示もやりたい。内容は決まってないですが。

佐々木 なるほど、楽しみです。エッセイを書く感覚は歌詞を書くときとはまた違いますか?

和田 そうですね。歌詞の場合はメロディがありますけど、エッセイは自由に、自分の感覚のままザーッと書けるという自由度はありますね。

南波 すごいな……本当に書いたんだ。

和田 本当に書きましたよ(笑)。でも昔のことになると、感情があるからつい批判的になっちゃったりするじゃないですか。そことの折り合いを付けるのが大変で、書いては消しての繰り返しで。じっくり自分を見つめ直して完成させました。

南波 今の目線で見ると、昔のことに疑問を感じてしまうということ?

和田 と言うより、当時悲しかったことやムカついたことを思い出して、その感情でガーッと書いちゃうときがあるんですよ。だからそういう感情をなるべくなくして、伝えたいことはなんだろうとシンプルに考える。

和田彩花

和田彩花

南波 和田さんも思い出し怒りするんですね。

和田 しますよー! 私はずっと根に持つタイプなので(笑)。

佐々木 でも全編めちゃくちゃ怒ってるエッセイ集とかも面白いですけどね。「前代未聞! 私はずっとコレを言いたかった」みたいな(笑)。

和田 それいいかも(笑)。

南波 それはそれで斬新。でも、和田さんが怒るイメージってあんまりないんですよね。本当に怒っていたのは、ウエディングドレスのときぐらいで。

南波一海

南波一海

和田 あはは(笑)。

佐々木 なんですか、それは?

南波 アンジュルム卒業前のラストシングル曲「恋はアッチャアッチャ」のミュージックビデオの撮影で和田さんがウエディングドレスを着ることになり、「なんで結婚が女性のゴールだと決めつけるの?」と超怒ったという。

和田 そう、最後の最後に(笑)。

南波 周りのメンバーもどうすることもできず、ただうろたえるだけみたいな(笑)。でもその話以外に怒ったりする印象はないんですよね。

和田 たぶん表ではそんなに出してないけど、裏ではけっこう怒りますよ。

佐々木 でも確かに、ウエディングドレスが幸せの象徴みたいな紋切り型のイメージが今なお日本社会には普通にあるじゃないですか。そういうことに対して本当は何かがおかしいんじゃないと思ってる人って、きっともっといっぱいいるはずなのに、そういうことを言い出しにくい雰囲気がまだありますよね。でも和田さんは言えちゃう。かなり画期的なことだと思うんですけど、なんで言えちゃうんですかね?

和田 歴史的に女性がいろいろなものと戦ったということを本で読んで、自分の中に知識として入ってますから。「これは怒っていいことなんだ」と判断がつくし、自分はこういうことを伝えるべきだともわかります。

次のページ
恋愛していることも、もっと公にできるといい

関連記事

佐々木敦のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 佐々木敦 / 南波一海 / 和田彩花 / アンジュルム / Negicco の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。