音楽ナタリー

超特急がお台場で点灯式、イルミネーションと永野を光らせ「We are happyです!!」

2377

超特急

超特急

超特急が本日11月9日に東京・ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場にて行われた「超特急×Diver City Tokyo DRAMATIC Illumination」の点灯式に登場した。

「超特急×Diver City Tokyo DRAMATIC Illumination」はダイバーシティ東京プラザと超特急がコラボしたイルミネーション。「DRAMATIC」をテーマに、フェスティバル広場に設置されたツリー型のオブジェや大階段のライトが超特急7人のメンバーカラーに光るほか、グループの楽曲を使用したイルミネーションショーなどが実施される。

点灯式には超特急に加え、彼らのことを「いつめん(いつものメンバー)」と慕う永野がゲストとして登場。超特急が1号車のコーイチから順に自己紹介すると、永野は最後に「8号車、脇汗担当のカズキです!」と続いた。彼は冒頭から“超特急愛”全開で、「各駅より普通に超特急が好きー!!」と持ちネタをアレンジしてメンバーと8号車(超特急ファンの総称)を喜ばせる。超特急の最新アルバム「Dramatic Seven」もしっかりチェックしているといい、永野はイベントの要所要所で「Seventh Heaven」や「LIBIDO」などアルバムの収録曲を口ずさんでみせた。

ダイバーシティ東京プラザとのコラボが実現したことについては、ユーキが「僕らまさにこの場所で、これまでに何度も昔ライブをやっていたんですよ! 『超特急』の看板がだんだん大きくなっていってるのかな?って実感できて、“We are happy”でございます!!」と自分の自己紹介のセリフを使って喜びを滲ませる。点灯式の前には1日に6回実施される「イルミネーションショー」で流れる映像の撮影を行ったといい、コーイチは「ボーカルは歌わせてもらったんですが、バックボーカルなのに出過ぎちゃったかな?って感じです。ごめんなさいー!」といたずらっぽく笑ってみせた。

点灯式の準備が完了すると超特急の7人は点灯ボタンに手を置き、永野は「8号車の邪魔になっちゃうから」と遠慮がちにタカシの肩に触れてカウントダウンを行う。すると点灯したのはイルミネーションではなく永野の衣装に仕込まれたLEDライトで、超特急のメンバーは「ちょっと永野さーん!」と一斉にツッコミを入れた。気を取り直して行われた2度目の点灯セレモニーでは、ツリー型のオブジェと大階段が7色に光り、8号車からは大きな歓声が上がる。ユーキは「これ、もうひと目ぼれしました!」と目を輝かせると「雪だるまより普通に8号車が好きー!!」と突然永野のモノマネを披露して周囲を沸かせた。リョウガから「“ロマンチストの神”と言われているタカシはどう?」と振られたタカシは「僕にとってはすごく素敵なシチュエーションですね!」と声を弾ませ、コーイチは「娘をいっぱい連れて来たいですね! 家族サービスは大事ですから」と“お父さん担当”としての目線でイルミネーションを見つめていた。

点灯式の最後に司会者からコメントを求められると、カイは「これをきっかけに僕たち超特急のことを知ってくださる方が増えてくれたらうれしいです」と思いを語る。ユースケは「皆さん寒い中、ありがとうございます。風邪をひかないようにしてくださいね」と8号車を気遣うと「是非イルミネーションを楽しみながらこのあとも過ごしてください。館内にはいろいろなお店があるので、寄って行ってください。……明日も明後日もがんばってください!」と続け、永野から「やること多いな!?」とツッコミを受けていた。またリーダーのリョウガは「こんな形でダイバーシティさんとコラボできて“コウエン(光栄)”です。皆さん是非、楽しい“ズカン(時間)”を……」とカミカミのスピーチをしてメンバーから集中砲火を受ける。リョウガは苦笑いを浮かべると、ステージ前に立つガンダム像を見つめ「あの中から『2度も噛んだね?』と聴こえてきそうです」と、得意のアムロ・レイのモノマネで切り返していた。

なお永野は、ステージ袖でスタンバイをしている際にタクヤが「寒くないですか?」と着ていたコートを自身の肩にかけてくれたというエピソードを8号車に披露する。「なんで今そういうこと言うんですか?」と恥ずかしがるタクヤを横目に、永野は「もうキュンキュンですよ。もう、私はどこまでも超特急と旅したい! “スターダスト LOVE TRAIN”に乗ります!」と超特急の楽曲名を使って“8号車宣言”をしていた。

イベント後に行われた囲み取材では、クリスマスの思い出深いエピソードを聞かれたユーキが「小学校1年生くらいのときに、トナカイが家に来たの、僕見たんです!!」と興奮気味に語る。一方の永野は「何も思い出ないですよ。食事も和食だったし……だから今、このイベントが楽しい」と答え、ユースケに「一緒にヘン顔しましょっか!」、タクヤに「永野さん、僕たち超特急にいつまでも付いて来てください!」と声をかけられていた。

「超特急×Diver City Tokyo DRAMATIC Illumination」は本日11月9日から2017年1月15日まで開催。イルミネーションショーは4期に分けられ、それぞれのタームで異なる楽曲が使用される。またダイバーシティ東京 プラザ館内で未公開のオフショット写真を集めた写真展「超特急プレミアム写真展」など、イルミネーション期間中はさまざまなコラボ施策が行われるので、詳細についてはダイバーシティ東京プラザのオフィシャルサイトをチェックしてみよう。

「超特急×Diver City Tokyo DRAMATIC Illumination」イルミネーションショー

開催場所:ダイバーシティ東京プラザ2F フェスティバル広場
開催期間: 2016年11月9日(水)~2017年1月15日(日)
開催時間:17:45 / 18:45 / 19:45 / 20:45 / 21:45 / 22:45
コラボ楽曲:
第1期 11月9日(水)~11月18日(金)「Seventh Heaven」
第2期 11月19日(土)~12月11日(日)「Seventh Heaven & Yell」
第3期 12月12日(月)~1月3日(火)「Whiteout」
第4期 1月4日(水)~1月15日(日)「バッタマン」

超特急プレミアム写真展

開催場所:ダイバーシティ東京プラザ 4F RODEO CROWNS WIDE BOWL前
開催期間:
前期 11月9日(水)~11月30日(水)
後期 12月1日(木)~1月15日(日)

音楽ナタリーをフォロー