音楽ナタリー

アイカレ齋藤綺咲、笑顔咲き誇る卒業公演「感謝の気持ちでいっぱい」

246

エンディングでの挨拶の様子。

エンディングでの挨拶の様子。

アイドルカレッジが2月29日に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて齋藤綺咲の卒業公演を開催した。

齋藤はアイカレの1期生として前身のB.L.T.IDOL COLLEGE時代からおよそ7年間グループに在籍。ヘアメイクアーティストという自身の夢を実現するために2月をもってグループを卒業することを決めた。この日は彼女の卒業を祝うために大勢のクラスメイト(ファン)が会場に集結。チケットがソールドアウトとなるほどの盛況ぶりを見せた。

場内は齋藤のイメージカラーである黄色いTシャツを着たクラスメイトで埋め尽くされ、主役を迎える準備は万全。「きっさ! きっさ!」と齋藤のニックネームのコールが行われる中、メンバーと齋藤がステージに勢いよく登場した。グループは齋藤の「みんな! 今日は忘れられない日にしようね! みんな、大好き!」という挨拶を合図に、「少女卒業」からライブをスタートさせた。序盤は人気曲「BEFUNYOUANDQN」「トゥルーエンドプレイヤー」「あのコが、髪を、切らない理由。」を立て続けに投下し、彼女たちはオーディエンスを熱狂させて最初のMCコーナーへ。

一面が黄色くなった景色を見た齋藤は「本当にうれし過ぎて! みんな、ありがとう!!」と感謝の気持ちを伝える。さらに「この会場は3年前くらいに定期公演をやっていたんですけど、最後まで満員にすることができなかったんですよ。だからきっさの卒業公演でこの会場を満員にしてやろうと思ったんです。そうしたらチケットがソールドアウトして! 本当にありがとうございました!」と同会場に対する思いを打ち明けた。

齋藤は「ここからはラストまでノンストップで駆け抜けます!」と宣言し、まずは懐かしの楽曲を中心にメドレーを披露する。斎藤の「みんなのハートをゲットするよ♪」をきっかけに、「恋なのです」が歌い上げられる。「二人の未来」では盛大な“きっさコール”が起こり会場が一体となったあとは、「輝く未来は遥か続いている」で齋藤がサンタクロースの衣装で登場。「みんな、7年間いい子にしてたからプレゼントを持ってきたよ」と齋藤は曲の最中にメンバー全員にプレゼントを配った。そのまま「きっサンタが皆さんに歌をプレゼントするよ。皆さんの未来に届くようにこの歌を歌います」と語り「ミライケシキ」をソロで歌唱。1番を歌い終えたところで「お歌に自信がないので1人はここまでにします(笑)」とはにかみながらメンバーを呼び込み、全員で同曲を歌った。

ここでメンバーからのサプライズで齋藤がセットリストに入れていなかった「伝えたいこと」が、彼女自身に向けて贈られることに。客席に降りた齋藤に向けてメンバーは同曲を感情を込めて歌うと、同じ1期生としてともに歩んできた南千紗登は「きっさは自分のことを頼りないって思ってるかもしれないけど、私たちはきっさの笑顔に本当に何度も救われました。きっさがいたからここまで来れました。本当に長い間、アイカレを支えてくれてありがとう!」と涙ながらに感謝の気持ちを齋藤に伝えた。メンバーから記念のアルバムを受け取った齋藤は「みんなともっと一緒にいたかったけど、卒業はいっぱい考えて決めたことだから自信を持って自分の決めた道を歩いていくよ。ヘアメイクさんになります!」と号泣しながら決意を語った。

ライブ終盤でメンバーは「チェリーガール」や「#常夏女子希望!!!」を歌い上げてクラスメイトのテンションを上げ、ラストは「Happiness~kanshaのうた~」で締めくくられた。ファンからの「ありがとう、きっさ!」という言葉を受けながら齋藤は舞台袖に進み「アンコール待ってます!」と述べて笑いを誘う。スクリーンには齋藤の活動をまとめたスライドショーが投影され、ひと通り終わったところでアンコールが発動。盛大な“きっさコール”を受けて黄色いTシャツを着た齋藤らが再び登場し、B.L.T.IDOL COLLEGE時代から歌い続けている「ぬうべるばあぐ」「いちごパフェ」を連投した。「いちごパフェ」では齋藤がステージ上で生着替えに挑戦し、彼女が最初にセンターを務めた思い出の楽曲「雨のち晴れ」の衣装に着替えて最後に同曲を熱唱。曲中、南からのコールを受けて客席はいっせいに黄色と黒の紙を掲げ「キッサ ダイスキ」の人文字を作り齋藤を感動させた。

クラスメイトからのプレゼントを受け取り齋藤は「ありがとうございます! 皆さん、きっさの思い、伝わりましたか? 7年間続けてきた中で不安なこともあったけど、この景色を見ることができてありがとうの言葉しか見つからないです。感謝の気持ちでいっぱいです! 21年間生きてきた中で、アイカレで過ごしてきた7年間が一番思い出がいっぱい詰まってるし楽しい日々だったと実感してます。今日は来てくださってありがとうございました! がんばって勉強してアイカレのヘアメイクさんになります!」と最後に挨拶し、全員で手をつないで卒業公演を終えた。

アイドルカレッジ「齋藤綺咲卒業LIVE」
2016年2月29日 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE セットリスト

01. 少女卒業
02. BEFUNYOUANDQN
03. トゥルーエンドプレイヤー
04. あのコが、髪を、切らない理由。
05. 恋なのです
06. ジャンピングホップ
07. 二人の未来
08. 輝く未来は遥か続いている
09. ミライケシキ
10. 伝えたいこと
11. チェリーガール
12. #常夏女子希望!!!
13. ONE FOR ALL
14. YOZORA
15. Happiness~kanshaのうた~
<アンコール>
16. ぬうべるばあぐ
17. いちごパフェ
18. 雨のち晴れ

音楽ナタリーをフォロー