音楽ナタリー

バブルは続く!ベッド・イン大盛況“キツマン”おギグ、あの大物歌手も応援に

270

ベッド・イン(撮影:北原共輔)

ベッド・イン(撮影:北原共輔)

7月4日に東京・下北沢SHELTERにてベッド・インのライブイベント「ボディコン反逆ナイト ~売切れなかったらバブル崩壊おギグ!~」が開催された。

彼女たちにとって初のワンマンライブにあたり、前売り券はソールドアウトし“バブル崩壊”を免れたこの公演。当日はチケット予約者向けに販売されたベッド・インのオリジナルTシャツを着る人やジュリ扇を手にするファンで大詰めとなった。

まずはオープニングアクトとしてエレクトリックリボンが登場。ASUKAが「ベッド・インさん、ワンマンおめでとうございます!」と祝いの言葉を口にし「バスルームでつかまえて」からライブを開始させた。erica、natsuki、chiakiはアップテンポな曲調にあわせてキレのあるダンスを披露し、会場を温めていく。

楽曲を披露し終えたあとに行われたMCで、メンバーはベッド・インの益子寺かおり(Vo)と中尊寺まい(Vo, G)を呼び「岩下の新生姜ペンライト」をプレゼント。際どいデザインながらかおりとまいは喜びながら受け取り、その場でペンライトをくわえたり舐めたりといったパフォーマンスを繰り広げた。その後エレクトリックリボンはBLANKEY JET CITY「赤いタンバリン」のカバーと「星屑ハイランド」を立て続けに披露。最後にasCaは「今日は楽しんでいくぞー!」と宣言しライブを終えた。

転換の間、MCのディスク百合おんは「BEAT IN YANAGISAWA」「他人」などの楽曲を披露し会場を盛り上げていく。準備が整うとボディコン姿のスタッフ・ベッドメイキングガールにより用意された幕が開き、ベッド・インとバックバンドであるパートタイムラバーズが登場。MINAKO with WILD CATS「あなたと、熱帯」や工藤静香「嵐の素顔」のカバーから演奏をスタートさせた。

アン・ルイス「六本木心中」カバーの演奏が終わるとMCに突入。「いやー……待たせたね、“性徒”諸クン!」とかおりが挨拶するとファンの歓声が飛び交う。2人は大入りとなった客席を見渡すと「後ろのほうまでキッツキツじゃなーい!」と喜びをあらわにする。そして「空席以外は満席ね!」「ちゃんまいのマンセキはいつも、キッツキツなんですけどね!」「それにしても今日のお客さんたち、なーんかちょっと……イカ臭くない!?」といったおなじみのセリフも飛び出し、ハイテンションなトークを行っていく。かおりは「今日ね、絶対キツマン……キツキツのワンマンね、そうなると思ってたの!」、まいは「7月4日……種ナシの日!? ノンノン! 特濃でイこうよ!」と興奮した様子で語った。

MCが一段落すると、続いてメンバーは浜田麻里「TOKIO MAKIN' LOVE」のカバーと“ニューチングル”収録曲「消えちゃうパープルバタフライ」を演奏。どんどん高まっていく会場の熱気に、楽曲披露後かおりは「全身からラブジュース出ちゃってる……みんなももうビションコかな? どんどんイカ臭くなってるよね」と口にする。相方の様子を伺いつつ、まいも「超淫ぐり悶ぐりしてるよね! うちらオイニーツイキーなの好きだけど!」と2人のトークのキレもどんどん鋭くなっていく。そんな中舐める派JAPAN(Key)が大盛況となった会場の景色を見て涙を浮かべているように見えたのか、かおりが「どうしたの!? キスしてあげよっか?」と慰める姿も見られた。

「ワケあり DANCE たてついて」の演奏を終えると、いったんメンバーはステージから退却。しばらくするとかおりが紫色のボディコン姿で登場し、ソロで原田千栄「GHOST SWEEPER」を歌う。アニメ「GS美神」の主題歌であるこの楽曲は主人公・美神令子の設定にあわせ、お札を取り出して客席に投げるパフォーマンスも行われた。続いてはまいはホルスタインをイメージした衣装に着替え、ダッコちゃん人形を腕に着けて細川ふみえ「だっこしてチョ」のカバーをソロで披露。激しくジャンプするダンスや縄跳びなど胸の揺れを強調した振る舞いでオーディエンスを魅了した。

さらにかおりがステージに上がると、2人はベッドメイキングガールを呼び生着替えを披露。その後畑中葉子「後ろから前から」のカラオケを行った。1番が終わるとこの日のシークレットゲストとして、畑中本人がステージに登場。まさかの“ご本人登場”の演出に2人は驚く様子を見せながらも一緒に歌い、念願の共演を果たした。客席からも「葉子ー!」という叫び声が上がり、「後ろから前から」を歌い終えた後には大きな拍手が巻き起こる。畑中はベッド・インを知ったきっかけとして「後ろから前から」Tシャツを着たまいの姿をTwitterで見かけたためと明かし、温かくベッド・インのワンマンを祝った。さらに畑中は「もっと動いて」をソロで歌唱。その横でまいとかおりはノリノリで踊り、畑中のパフォーマンスを盛り上げた。

ライブも後半に差し掛かり、再びパートタイムラバーズが参加し「♂×♀×ポーカーゲーム」、中原めいこ「鏡の中のアクトレス」カバーを立て続けに披露。「POISON~プワゾン~」ではスローセックス石島(Dr)の歯切れよいドラミングをバックに、まいとかおりは妖艶なダンスを見せる。さらにアン・ルイス「あゝ無情」カバーではアダムタッチ高橋(B)とまいが向き合い息ぴったりの演奏を展開。最後の楽曲となった久宝留理子「『男』」カバーでは、まいとポリネシアン・キヨII世(G)による激しいギターの掛け合いも飛び出し、改めてメンバーの強い団結力を見せつけ本編を終えた。

終了後も「ベッド・イン」コールがしばらく続くと、会場にまいとかおりの喘ぎ声が響き渡る。そしてかおりが「やっぱウチのメンバーの、固いよ、チンカチンカ……!」と言いつつ、メンバーとともにステージに戻ってきた。そんな中まいはTシャツに水着姿で登場し、ステージに上がってからズボンを履かずに入場してしまったことに気がつき笑いを誘った。

かおりは「みんなのさ、マンパワーとチンパワーでベッド・イン、初のワンマンおギグを成功することができました。バブルは崩壊せずに済みました! ここまでくるのに駆け抜けたよね……」としみじみと振り返る。途中起こったマイクのハウリングにもかおりは「泣いてんだよ、マイクがさ! うちらの代わりに!」と熱く語り、「顔謝マン激って、こういうことだよね……!」とまいも答える。「うちらはナオンだけど、涙は見せない。そう決めてっからね」「泣いていいのは下半身だけ!」と2人はクールな趣きで語り合った。そして「みんなこの東京砂漠の中、生きづらいと思う。でもエンジェルだよ……翼の折れたエンジェルなんだよ!」と話し、中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」をアコースティックアレンジで披露。かおりの心が込もった歌声に観客も聴き入り、落ち着いた雰囲気で演奏を終えた。

さらに鳴り止まない声援に応えて行われた2回目のアンコールでは「さっきのは笑うとこだったんだよ! みんなしんみりしやがって!」「湿っぽいのは下半身だけでいいんだよ!」とまいとかおりがファンにツッコミを入れつつ登場した。そしてSHOW-YA「私は嵐」「限界LOVERS」のカバーをノンストップで演奏。パワフルなパフォーマンスのもと会場はこの日一番の盛り上がりを見せ、初のワンマン“おギグ”は大団円で締めくくられた。

「ボディコン反逆ナイト ~売切れなかったらバブル崩壊おギグ!~」
2015年7月4日 下北沢SHELTER セットリスト

エレクトリックリボン

01. バスルームでつかまえて
02. 赤いタンバリン(オリジナル:BLANKEY JET CITY)
03. 星屑ハイランド

ディスク百合おん

01. かっこいいイントロ
02. BEAT IN YANAGISAWA
03. 他人
04. ディィィジェェェケオリィィィズガァァァバァァァ

ベッド・イン

01. あなたと、熱帯(オリジナル:MINAKO with WILD CATS)
02. 嵐の素顔(オリジナル:工藤静香)
03. 六本木心中(オリジナル:アン・ルイス)
04. TOKIO MAKIN' LOVE(オリジナル:浜田麻里)
05. 消えちゃうパープルバタフライ
06. ワケあり DANCE たてついて
07. GHOST SWEEPER(オリジナル:原田千栄 / 益子寺かおりソロ)
08. だっこしてチョ(オリジナル:細川ふみえ / 中尊寺まいソロ)
09. 後ろから前から(オリジナル:畑中葉子 / ベッド・イン&畑中葉子)
10. もっと動いて(畑中葉子)
11. ♂×♀×ポーカーゲーム
12. 鏡の中のアクトレス(オリジナル:中原めいこ)
13. POISON~プワゾン~
14. あゝ無情(オリジナル:アン・ルイス)
15. 「男」(オリジナル:久宝留理子)
<アンコール>
16. 翼の折れたエンジェル(オリジナル:中村あゆみ)
<ダブルアンコール>
17. 私は嵐(オリジナル:SHOW-YA)
18. 限界LOVERS(オリジナル:SHOW-YA)

音楽ナタリーをフォロー