勅使川原三郎、宮沢賢治「ガドルフの百合」題材にした新作ダンスをシアターXで上演

2

11

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 6 3
  • 2 シェア

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」が、12月10日から12日まで東京・シアターXで上演される。

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」チラシ

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」チラシ

大きなサイズで見る

これは構成・振付・演出・美術・照明・衣裳を勅使川原三郎が手がけ、佐東利穂子と勅使川原が出演する新作ダンス。これまで数多くの宮沢賢治作品を題材にダンスを創作してきた勅使川原は、今回、宮沢の「ガドルフの百合」に挑む。

勅使川原は創作メモの中で「ガドルフは普通の旅人ではなく、放浪する男。少年や若者と固定観念をふりはらい、読み考えてみれば、彼は大人であり終わりのない、終わりが見えない旅する男である。人生の旅路に遭遇する嵐であり百合の花であり、試練であり恋である」「放浪する男は自我の反映として百合に惹かれ、その気持ちを恋というが、彼の胸の中に育てた愛の嵐に出会った白い輝きとの再会でもある。挫ける我が身の弱い心が見つけた勇気の姿である。嵐が去り男は果てしない目的が不明な地に向かって歩を進める」とつづっている。

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」

2021年12月10日(金)~12日(日)
東京都 シアターX

原作:宮沢賢治
構成・振付・演出・美術・照明・衣裳・選曲:勅使川原三郎
出演:佐東利穂子、勅使川原三郎

全文を表示

読者の反応

  • 2

hamagaki seiji @ihatov_cc

勅使川原三郎、宮沢賢治「ガドルフの百合」題材にした新作ダンスを12/10〜12/12にシアターXで上演(ステージナタリー) https://t.co/7LfVkVIlLD

コメントを読む(2件)

関連記事

勅使川原三郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 勅使川原三郎 / 佐東利穂子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします