「ガドルフの百合」本日開幕、勅使川原三郎が宮沢賢治作品の“言葉”の魅力語る

2

25

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 8 15
  • 2 シェア

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」が、本日12月10日に東京・シアターXで開幕する。

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)

大きなサイズで見る(全7件)

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)[拡大]

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)[拡大]

これは、宮沢賢治の小説「ガドルフの百合」を原作に、勅使川原三郎が構成・振付・演出・美術・照明・衣裳を手がける新作ダンス。本作には、佐東利穂子と勅使川原が出演する。

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」リハーサルより。(Photo by Akihito Abe)[拡大]

開幕に際し、勅使川原は「宮沢賢治の作品には、身体感覚に直接届く語感があらゆるところにちりばめられています。鉱石的というか、地面から掘り出した石とか、どこかから流れてきた光さえも、全部言葉で表されている。言葉の物質感がちゃんとあって、手に取れば、まるで、氷の星や赤く燃える星にかじかんだり火傷をするように、冷たさや熱さを感じさせてくれるのです」とコメントした。公演は12日まで。

この記事の画像(全7件)

勅使川原三郎 シアターX公演 新作「ガドルフの百合」

2021年12月10日(金)~12日(日)
東京都 シアターX

原作:宮沢賢治
構成・振付・演出・美術・照明・衣裳・選曲:勅使川原三郎
出演:佐東利穂子、勅使川原三郎

全文を表示

読者の反応

  • 2

hamagaki seiji @ihatov_cc

「ガドルフの百合」本日開幕、勅使川原三郎が宮沢賢治作品の“言葉”の魅力語る(舞台写真 / コメントあり) - ステージナタリー https://t.co/tmHaZMXnyk

コメントを読む(2件)

関連記事

勅使川原三郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 勅使川原三郎 / 佐東利穂子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします