ミュージカル「北斗の拳」ラオウ役は福井晶一&宮尾俊太郎、ユリアのビジュアルも解禁

ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」より、ラオウ役を務めるキャストが明らかになった。

左から、福井晶一扮するラオウ、宮尾俊太郎扮するラオウ。

左から、福井晶一扮するラオウ、宮尾俊太郎扮するラオウ。

大きなサイズで見る(全20件)

ラオウ

ラオウ[拡大]

左から、平原綾香扮するユリア、May’n扮するユリア。

左から、平原綾香扮するユリア、May’n扮するユリア。[拡大]

ユリア

ユリア[拡大]

ラオウ役を演じるのは福井晶一宮尾俊太郎。テレビアニメ「北斗の拳」放映時に11歳だったという福井は「今回ラオウ役での出演が決まり、改めて原作を読み直しアニメも観ましたが、ラオウの信念を貫く圧倒的な強さ、そして心に秘めた熱い想い、その生き様に心を奪われました。大好きな作品の世界初演、新作を立ち上げるワクワク感、ワイルドホーンの素晴らしい音楽、今から楽しみでなりません」と期待を語る。また宮尾は「己を貫いた男たちの生き様に涙し、何か尊いものを見たような感じ、『なんかわからないけど泣けたなぁ』というところまで作り上げられたらいいなと思っています」とコメントした。併せてラオウのソロビジュアルと、平原綾香May'nが演じるユリアのソロビジュアルも公開された。

「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」は、武論尊原哲夫によるマンガ「北斗の拳」のミュージカル化作品。主人公・ケンシロウ役を大貫勇輔が務め、作曲をフランク・ワイルドホーン、演出を石丸さち子、脚本・作詞を高橋亜子、振付を辻本知彦と顔安が担当する。

国内公演は、12月8日から29日まで東京・日生劇場、来年1月8・9日に大阪・梅田芸術劇場 メインホール、15・16日に愛知・愛知県芸術劇場 大ホールで行われ、来年秋には中国ツアーが予定されている。東京公演のチケットの最速有料先行販売は、本日10月11日にスタートした。

福井晶一コメント

「北斗の拳」が放映されていた1984年、僕は11歳でした。もちろんリアルにTVで観ていて、ケンシロウが繰り出す必殺技や名台詞の数々をよく真似をして遊んだものです。

当時の僕らにとってケンシロウは正義のヒーロー。逆にラオウは悪役でヒール的な存在でした。今回ラオウ役での出演が決まり、改めて原作を読み直しアニメも観ましたが、ラオウの信念を貫く圧倒的な強さ、そして心に秘めた熱い想い、その生き様に心を奪われました。大好きな作品の世界初演、新作を立ち上げるワクワク感、ワイルドホーンの素晴らしい音楽、今から楽しみでなりません。

演出の石丸さち子さん、そして素敵な共演者の皆様と共に僕なりのラオウをこれから創りあげていきたいと思います。

宮尾俊太郎コメント

世紀末の中で自分の精神に筋を通して生きていける人って本当に素敵だと思う。僕は今回ラオウからその真髄を学ばせていただきます。ストーリーラインでは親子、男女、兄弟、家族……たくさんの「愛」が描かれていきますが、最後はそういうのをすべて突き抜けたところまでたどり着きたい。真の誇り、プライド……作品の本当の核となってくるこの世界に生きる男たちの美しき姿、それらはフランク・ワイルドホーンさんの音楽と演出家の石丸さち子さんの手によって浮き立たせていただける気がしているので、そういった魂の部分も深めていく作業が楽しみです。己を貫いた男たちの生き様に涙し、何か尊いものを見たような感じ、「なんかわからないけど泣けたなぁ」というところまで作り上げられたらいいなと思っています。

この記事の画像(全20件)

ミュージカル「フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~」

2021年12月8日(水)~29日(水)
東京都 日生劇場

2022年1月8日(土)・9日(日)
大阪府 梅田芸術劇場 メインホール

2022年1月15日(土)・16日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

※2022年秋に中国ツアーを予定。

原作:漫画「北斗の拳」(原作:武論尊、漫画:原哲夫
作曲:フランク・ワイルドホーン
演出:石丸さち子
脚本・作詞:高橋亜子
振付:辻本知彦、顔安

キャスト

ケンシロウ:大貫勇輔
ユリア:平原綾香May'n
トキ:加藤和樹小野田龍之介
シン:植原卓也上田堪大
リュウケン ほか:川口竜也
トウ・トヨ:白羽ゆり 
マミヤ:松原凜子
レイ / ジュウザ:伊礼彼方上原理生(交互に役替わりで出演)
ラオウ:福井晶一宮尾俊太郎

バット:渡邉蒼
リン:山崎玲奈、近藤華
リハク ほか:中山昇
青年ラオウ ほか:一色洋平
ライガ ほか:後藤晋彦
フウガ ほか:田極翼
青年トキ ほか:百名ヒロキ
ダグル ほか:宮河愛一郎
ミスミ ほか:安福毅

飯作雄太郎、岩瀬光世、輝生かなで、坂口杏奈、澄人、内木克洋、中野高志、原広実、妃白ゆあ、福田えり、藤田宏樹、LEI'OH

※山崎玲奈の「崎」は立つ崎(たつさき)、辻本知彦の「辻」は1点しんにょうが正式表記。

全文を表示
(c)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111

関連記事

福井晶一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 福井晶一 / 宮尾俊太郎 / 平原綾香 / May'n / 加藤和樹 / 小野田龍之介 / 辻本知彦 / 大貫勇輔 / 植原卓也 / 上田堪大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします