大原櫻子が双子を演じ分ける、藤田俊太郎演出「ミネオラ・ツインズ」詳細発表

シス・カンパニー公演「ミネオラ・ツインズ~六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ~」の公演詳細が発表された。

上から時計回りに藤田俊太郎、小泉今日子、八嶋智人、大原櫻子。

上から時計回りに藤田俊太郎、小泉今日子、八嶋智人、大原櫻子。

大きなサイズで見る

「ミネオラ・ツインズ」は、ピュリツァー賞受賞作家のポーラ・ヴォーゲルが、1999年にオフ・ブロードウェイで発表した作品。今回の上演版では藤田俊太郎が演出を務め、出演者には大原櫻子八嶋智人小泉今日子が名を連ねる。公演は1月7日から31日まで、東京・スパイラルホールにて。

物語の舞台はニューヨーク郊外の小さな町ミネオラ。一卵性双生児のマーナとマイラ姉妹は、同じ容貌でありながら性格は似ても似つかず、お互いを遠ざけながら生きてきた。始まりは1950年代、核戦争の恐怖が日常生活にもはびこるアイゼンハワー政権下。保守的な女子高生マーナは「結婚こそ輝かしいゴール」として、すでにジムと婚約している。一方のマイラは「世間の常識なんかクソくらえ!」と考える反逆児。あるとき、素行の悪いマイラを諭そうと、マーナに頼まれた婚約者ジムがマイラのもとへと向かうが……。なおマーナ役とマイラ役の2役を大原が演じ分ける。

チケットの一般販売は11月6日10:00にスタート。

シス・カンパニー公演「ミネオラ・ツインズ~六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ~」

2022年1月7日(金)~31日(月)
東京都 スパイラルホール

作:ポーラ・ヴォーゲル
翻訳:徐賀世子
演出:藤田俊太郎
出演:大原櫻子八嶋智人小泉今日子

全文を表示

関連記事

藤田俊太郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 藤田俊太郎 / 大原櫻子 / 八嶋智人 / 小泉今日子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします