ろうそく能で“悲劇の貴公子”平清経の物語、「夜能」11月公演語りは速水奨

1

208

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 80 127
  • 1 シェア

「夜能~語り部たちの夜~『清経』」11月公演の朗読を、声優の速水奨が務めることがわかった。

速水奨

速水奨

大きなサイズで見る(全5件)

「夜能~語り部たちの夜~『清経』」秋クールチラシ表

「夜能~語り部たちの夜~『清経』」秋クールチラシ表[拡大]

朗読と能を楽しめる「夜能」シリーズでは、秋クールに「清経」を上演する。源平合戦で劣勢になり、神仏にも見放された平清経と、彼の入水を知らされた妻の物語を、11月公演では速水が語る。速水が「夜能」シリーズに登場するのは、昨年9月に上演された「雷電」以来となる。

金井雄資

金井雄資[拡大]

今回は“ろうそく能”と呼ばれる演出を用い、本物のろうそくを使って舞台が照らされる。また、雅楽による音楽演出では竽(う)という希少な楽器が使用され、海をテーマにした音楽演出が付けられるという。なお、能パートではシテを金井雄資、ツレを澤田宏司、ワキを高井松男らが勤める。

公演は11月26日、東京・宝生能楽堂にて。なお、当日は写真家・瀬尾浩司とコラボレートした企画展「夜能×BEYOND」がロビーで開催される。

なお、ステージナタリーでは金井雄資が出演する宝生流「獅子三題」の鼎談を掲載中。「日本全国 能楽キャラバン!」に参加する、“獅子”をテーマにした公演について、宝生流第20代宗家・宝生和英、金井、大藏流狂言方の山本則秀が語っている。

この記事の画像(全5件)

「夜能~語り部たちの夜~『清経』」11月公演

2021年11月26日(金)
東京都 宝生能楽堂

朗読「清経」

脚本:長田育恵
朗読:速水奨
雅楽:三浦元則 ほか

能「清経」

シテ:金井雄資
ツレ:澤田宏司
ワキ:高井松男 ほか

※高井松男の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

ろうそく能で“悲劇の貴公子”平清経の物語、「夜能」11月公演語りは速水奨
https://t.co/NbVm7ZvbYq https://t.co/uuk7ZvF7x5

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 速水奨 / 金井雄資 / 長田育恵 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします