細谷佳正が「夜能」秋クールに登場、“恋の修羅”「清経」を読む

1

183

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 42 140
  • 1 シェア

「夜能~語り部たちの夜~『清経』」9月公演が9月24日に東京・宝生能楽堂で開催される。

細谷佳正

細谷佳正

大きなサイズで見る(全3件)

「夜能」は2018年にスタートした企画で、語り部と能楽師が非日常の世界を観客に届けるというもの。今年の秋クールでは、「平家物語」を材にとった能「清経」をテーマに、長田育恵が書き下ろした朗読台本を3カ月にわたって送る。“恋の修羅”とも呼ばれる「清経」は、源平合戦で劣勢になり、神仏にも見放された平清経の物語。家来に清経の入水自殺を知らされた妻が、形見の遺髪を前に嘆き悲しんでいると、そこへ清経の霊が在りし日の姿で現れる。

9月公演の朗読には細谷佳正が出演する。細谷が「夜能」に参加するのは、新型コロナウイルスの影響で無観客生配信公演となった昨年の「祇王」以来、今回で2度目。能「清経」ではシテを和久荘太郎が勤める。また、本公演では配信も決定。詳細は公式サイトでの発表を待とう。公演チケットの販売は明日6月26日にスタート。さらに、秋クール10月公演には小野友樹の出演が決定した。

なお、本日25日18:30からはいとうせいこうが朗読台本を手がけた春クール「夜能~語り部たちの夜~『杜若』」が、宝生能楽堂で上演される。谷口賢志が朗読し、女流能の武田伊左が能「杜若」でシテを勤める。

この記事の画像(全3件)

「夜能~語り部たちの夜~『清経』」9月公演

2021年9月24日(金)
東京都 宝生能楽堂

朗読「清経」

脚本:長田育恵

朗読:細谷佳正
雅楽:三浦元則 ほか

能「清経」

シテ:和久荘太郎
ツレ:東川尚史
ワキ:村瀬提 ほか

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

細谷佳正が「夜能」秋クールに登場、“恋の修羅”「清経」を読む
https://t.co/6cGVJkiMPa https://t.co/CnngFwqs91

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

細谷佳正のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 細谷佳正 / 長田育恵 / 小野友樹 / いとうせいこう / 谷口賢志 / 和久荘太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします