池田亮「たくさん楽しんでもらえるよう作りました」、ゆうめい「姿」が芸劇で開幕

74

ゆうめい「姿」が、昨日5月18日に開幕した。

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)

大きなサイズで見る(全16件)

「姿」は、作・演出を手がける池田亮の親子関係に取材した作品で、2019年に初演され、好評を博した。今回は「芸劇eyes」のラインナップ作品として、2021年の出来事を新たに書き加えて上演される。

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)[拡大]

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)

ゆうめい「姿」より。(撮影:佐々木啓太)[拡大]

開幕に際し、池田は「2021年5月18日~30日は、東京都の公共劇場でできることを、自分の意識の外でも沢山楽しんでもらえるよう作りました。お会いした時から何度も心を動かし続けてくださる俳優とスタッフの方々出演してくださる父、母、話を聞かせていただいた方々に出会えたこと、改めてもう一度、感謝申し上げます。豊島区にて心よりお待ちしております」とコメントしている。

公演は5月30日まで、東京・東京芸術劇場 シアターイーストにて。

池田亮コメント

ずっと考え続けている、

「なんで実際の父親を出演させるのか」

「なんで父親の息子が作・演出をするのか」

「なんで今この場所でこの公演をやるのか」

「なんで母はこの場にいないのか」

というさまざまななんでに、現段階でのいろいろな答えを舞台にする、というより公開&発表をします。

2021年5月18日~30日は、東京都の公共劇場でできることを、自分の意識の外でも沢山楽しんでもらえるよう作りました。

お会いした時から何度も心を動かし続けてくださる俳優とスタッフの方々出演してくださる父、母、話を聞かせていただいた方々に出会えたこと、改めてもう一度、感謝申し上げます。

豊島区にて心よりお待ちしております。

この記事の画像(全16件)

ゆうめい「姿」

2021年5月18日(火)~30日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

作・演出:池田亮
出演(五十音順):石倉来輝、黒澤多生、児玉磨利、五島ケンノ介、高野ゆらこ、田中祐希、中村亮太、森谷ふみ山中志歩遊屋慎太郎

全文を表示

関連記事

ゆうめいのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ゆうめい / 池田亮 / 石倉来輝 / 高野ゆらこ / 森谷ふみ / 山中志歩 / 遊屋慎太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします