杉原邦生の野心作「オレステスとピュラデス」鈴木仁&濱田龍臣がエネルギッシュに体現

356

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」が、11月28日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場 ホールで開幕する。それに先駆け、本日26日に合同取材会とフォトコールが行われた。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

大きなサイズで見る(全36件)

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

「オレステスとピュラデス」は、杉原邦生がKAATで上演するギリシャ悲劇シリーズの最終章として、「オイディプスREXXX」「グリークス」に続き上演される作品。瀬戸山美咲が作劇を担う本作では、母親殺しを行ったオレステスのその後の物語が、新たなギリシャ悲劇として創造される。劇中では、復讐の女神たちの呪いから解放されるために、タウリケへと向かうことになったオレステスと、その親友・ピュラデスの旅路がロードムービー的に繰り広げられる。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

フォトコールではまず、鈴木仁演じるオレステスと濱田龍臣演じるピュラデスが巡礼者に扮したコロス(合唱隊)10人を引き連れて旅立つシーンが披露された。オレステス一行は、セットも何も置かれていない広大な舞台空間をゆっくりとした足取りで移動する。重々しくも着実に前へと進んでいくその歩みは、2人の若者が抱える未来への不安と希望を暗示しているかのようだ。またコロスたちは、2人が背負った過酷な運命をダイナミックなラップにのせて歌唱。音楽のTaichi Kanekoによる重厚なビートと共に、劇空間に独特な“うねり”が生まれ、旅の始まりを感じさせた。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

続いては、第2場、旅の一行がトラキアへと向かう船上の場面。その船は、脚立をはじめ、普段は劇場の“裏側”に存在しているはずの備品を使って組み上げられている。鈴木は、呪いに苦しみながらも周囲の助けを借りて"約束の地"を目指すオレステスを実直に表現。時折見せる柔らかな動作や崩した表情の中に、オレステスの持つ人懐っこさをにじませた。一方の濱田は、実父との関係を断ってまで過酷な旅に身を投じる芯の強いピュラデス像を、凛々しい顔つきや立ち居振る舞いで立ち上げ、場を牽引した。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」合同取材会より。左から杉原邦生、鈴木仁、濱田龍臣 。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」合同取材会より。左から杉原邦生、鈴木仁、濱田龍臣 。[拡大]

フォトコール前に行われた取材会には、鈴木、濱田、杉原が登壇。杉原は本作について「ギリシャ悲劇を楽しく“捏造”し、新作として上演しようという野心に溢れた作品です」と力強く述べ、鈴木が初舞台、濱田が2回目の舞台出演であることに触れると、「2人は共演者のパワーを吸収しながら、役としても俳優としても日々成長しています」と太鼓判を押す。続けて「これまでにないくらいKAATのホールの空間を広く使って、みんなで暴れ回って、新しいギリシャ悲劇をお届けします。感染予防対策をしっかり取って、安心してご来場いただけるように準備しております」と語った。

鈴木は「お客さんにお芝居を届けられることをうれしく思いながら、正面からぶつかっていけたらと思います。役を通し、友情、愛情、信頼、世界とのつながりを感じ、作品の世界に入り込めたら」と真摯に述べる。濱田は「こういう状況下でも舞台に立たせていただけるというのは幸せなこと。稽古での積み重ねが形になってきているので、一生懸命がんばっていきたいです」と手応えを語った。

記者から、初舞台への意気込みを尋ねられた鈴木は「映像の現場では、その日限りの演技になってしまうことも多いですが、舞台は毎日シーンを繰り返すので、いろいろ試しながら、積み重ねていくことに楽しみを感じていました」とコメント。杉原の演出について聞かれた濱田は「稽古で試したいアイデアが浮かんで『やってみてもいいですか?』と聞くと、『それいいね!』と言ってくださって。役者とのコミュニケーションを大切にしてくださるので、のびのび芝居ができます」と信頼を寄せた。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

そんな鈴木と濱田の印象について、杉原は「2人ともしっかりしていて、頼れるなと思います。見た目は仁くんのほうがクールで、たっちゃん(濱田)のほうがホワッとしていますが、内面は真逆(笑)。オレステスとピュラデスの役にぴったりです」と目を細めつつ、「(演出家の)言葉を素直に聞いて、まっすぐぶつかり合ってくれるので、お客さんにもそのエネルギーが伝わるんじゃないかなと思います」と言葉に力を込めた。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

映像作品で共演経験のある鈴木と濱田。互いの印象を聞かれると、鈴木は「実年齢では僕が1個上ですが、たっちゃんは頼りになる存在。(コンビとしての)バランスがちょうどいいなと思います」と笑顔。これに対して濱田は「気を許せる“優しいお兄ちゃん”という感じですね」と鈴木に視線を送った。杉原が「稽古を通してお互いに新しい発見はあった?」と問いかけると、鈴木は「(濱田は)どこでも寝られるんだなと思いました(笑)」とエピソードを明かす。濱田は「仁さんも意外と寝てるんですよ!(笑)」と切り返し、会場を和ませた。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」フォトコールより。[拡大]

最後に“今年1年を表す漢字1文字”を尋ねられた濱田は「“生”です。生でお芝居する舞台に挑戦させていただいた1年ですし、自粛期間で生活が一変してしまったこともあります。役者として生きられる場所は芝居をする場しかないということも実感して。舞台に立ったときに『生きてるんだな』と身に染みました」と感慨深げな様子。鈴木は「世の中が一変して、改めて物事を考え直したり、行動に移してみることが増えたので、“改”です」と答え、取材会を締めくくった。

「オレステスとピュラデス」の公演は11月28日から12月13日まで。なお、劇場での観劇とは異なる視点による「オレステスとピュラデス」の映像作品が後日配信される予定だ。配信の詳細については続報を待とう。

ステージナタリーでは「オレステスとピュラデス」特集を展開中。杉原、鈴木、濱田による座談会に加え、稽古場レポートを掲載している。

この記事の画像・動画(全36件)

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「オレステスとピュラデス」

2020年11月28日(土)~12月13日(日)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場 ホール

作:瀬戸山美咲
演出:杉原邦生
音楽:Taichi Kaneko
振付:北尾亘
出演:鈴木仁濱田龍臣 / 趣里大鶴義丹 / 内田淳子 / 高山のえみ中上サツキ前原麻希、川飛舞花 / 大久保祥太郎 / 武居卓猪俣三四郎天宮良 / 外山誠二

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

鈴木仁のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木仁 / 濱田龍臣 / 杉原邦生 / 瀬戸山美咲 / 趣里 / 大鶴義丹 / 内田淳子 / 高山のえみ / 中上サツキ / 前原麻希 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします