「更地」東京公演に向け、南沢奈央「新鮮な気持ち」&濱田龍臣「解像度高まってる」

2

178

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 23 86
  • 69 シェア

KUNIO10「更地」が京都・新潟公演を経て、明日11月7日に東京・世田谷パブリックシアターにて開幕。同劇場での舞台稽古の様子と、杉原邦生南沢奈央濱田龍臣からのコメントが到着した。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。

大きなサイズで見る(全25件)

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。[拡大]

「更地」は、杉原の大学時代の恩師である太田省吾の代表作の1つ。1992年に太田自身の演出により初演され、KUNIOでは2012年に初めて上演された。南沢と濱田は、かつて自分たちの家があった場所へとやって来た老夫婦を演じる。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。[拡大]

世田谷パブリックシアターでの舞台稽古を経て、演出の杉原は「今回の作品に限らず、僕の作品の多くは劇場の空間を大前提とした舞台美術になっているので、その顔つきはもちろん、劇場によって様変わりします。世田谷パブリックシアターに立ち上がった〈更地〉は、まさに都市の中の〈更地〉です。高いコンクリート壁に囲まれた都会の真ん中で、ふと目をやると覗く青空。その下には、かならず地面があって、その地面はすべからく地球という惑星の表面なのだ、と、そんなことを気づかせてくれるような作品になるんじゃないかと、舞台稽古を見ながら感じました」と手応えを語る。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。

KUNIO10「更地」東京公演舞台稽古の様子。[拡大]

南沢は「劇場が変わるたびに新鮮な気持ちです。世田谷パブリックシアターは縦に長い劇場なので、意識が上に向く感じです。天井には青空があるし、この作品をこの劇場で演じる意味を感じました。演じやすく、一体感が生まれそうな空間ですね」と舞台稽古での手応えを述べ、「二人が楽しんで遊んでいるような感覚、ふざけ合った演じあっているような感覚が伝わればいいなと思っております」と続ける。濱田はツアーを経て、「僕の中でも、多分、南沢さんの中でも、さらに解釈も深まって『更地』という作品の解像度が高まっていると思います。そんな中で、邦生さんがおっしゃる通りに、ご覧いただいたお客様が『未来に希望を持てる』ような作品にお届けできると思っておりますので、是非、劇場にお運びいただければと願っております」と観客に来場を呼びかけた。

なお7日は白井晃と杉原、9日は木ノ下裕一と杉原、12日は南沢と濱田によるアフタートークあり。東京公演は14日まで。

杉原邦生コメント

忘れらない初日を京都で迎えてから約1カ月、新潟公演を経て、いよいよ11月7日から東京公演が開幕します。

今回の作品に限らず、僕の作品の多くは劇場の空間を大前提とした舞台美術になっているので、その顔つきはもちろん、劇場によって様変わりします。世田谷パブリックシアターに立ち上がった〈更地〉は、まさに都市の中の〈更地〉です。高いコンクリート壁に囲まれた都会の真ん中で、ふと目をやると覗く青空。その下には、かならず地面があって、その地面はすべからく地球という惑星の表面なのだ、と、そんなことを気づかせてくれるような作品になるんじゃないかと、舞台稽古を見ながら感じました。

ぜひ劇場で、僕たちの「更地」を体感していただきたいです。ご来場お待ちしております!

南沢奈央コメント

劇場が変わるたびに新鮮な気持ちです。世田谷パブリックシアターは縦に長い劇場なので、意識が上に向く感じです。天井には青空があるし、この作品をこの劇場で演じる意味を感じました。演じやすく、一体感が生まれそうな空間ですね。

セリフが身体に入っていて、芝居の仕方が変わった気がします。セリフの意味を考えて演じられるようになって深みが増した気がします。

太田作品で、まさかのラップシーンもありますし、私も好きなシーンです。ラップのシーンあたり雰囲気がガラッと変わってきますし。この作品は、自分自身の体験と結びつけて観られるのも楽しみではないでしょうか。

役は初老の夫婦ですが、長年連れ添っている夫婦という空気感を出したいと思っていますが、稽古を経て、息も合ってきたし、いいコンビ感がでてきたかな、という感じがしています。

「更地」というタイトルも、舞台美術も、内容も、余計なものが何もないので、純粋に伝えたいことが伝わる芝居ですので、お客様に、その辺りを受け止めていただけたら。登場人物は二人とも、思考しながら会話をしているので、一緒に考えを巡らせながらご覧いただけたら面白いと思います。視覚的にも世田谷パブリックシアターの空間と相まって、美しいものに仕上がっていると思います。演じていて楽しい。二人が楽しんで遊んでいるような感覚、ふざけ合った演じあっているような感覚が伝わればいいなと思っております。

濱田龍臣コメント

「更地」は京都で開幕したあと、ちょっと間が空いて新潟で公演をしましたが、間が空いた分、自分の中でセリフがすんなり入ってきて、セリフが身体に馴染んだような感じがします。自分の中で、深化してきた感じですね。

舞台公演は、東京からスタートして、各地を回る場合が多いですが、今回は、京都から新潟を経て、東京で大千穐楽を迎えられるのが新鮮です。

ツアー3公演を終えて、僕の中でも、多分、南沢さんの中でも、さらに解釈も深まって「更地」という作品の解像度が高まっていると思います。そんな中で、邦生さんがおっしゃる通りに、ご覧いただいたお客様が「未来に希望を持てる」ような作品にお届けできると思っておりますので、是非、劇場にお運びいただければと願っております。

この記事の画像・動画(全25件)

KUNIO10「更地」

2021年10月9日(土)・10日(日) ※公演終了
京都府 京都芸術劇場 春秋座

2021年10月30日(土)※公演終了
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

2021年11月7日(日)~14日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

作:太田省吾
演出・美術:杉原邦生
出演:南沢奈央濱田龍臣

全文を表示

読者の反応

  • 2

矢本翼子 @tsubasa_yamoto

場当たりの写真もあったりして。本日はG.P.!
https://t.co/uasDdM2Tju

コメントを読む(2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

杉原邦生のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 杉原邦生 / 南沢奈央 / 濱田龍臣 / KUNIO / 太田省吾 / 白井晃 / 木ノ下裕一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします