KUNIO「更地」開幕に杉原邦生が感慨「今日の初日を僕は一生忘れません」

1

266

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 47 184
  • 35 シェア

KUNIO10「更地」が昨日10月9日に京都・京都芸術劇場 春秋座にて開幕した。

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)

大きなサイズで見る(全21件)

「更地」は、KUNIO主宰の杉原邦生の大学時代の恩師である太田省吾の代表作の1つ。1992年に太田自身の演出により初演され、KUNIOでは2012年に初めて上演された。劇中では、かつて自分たちの家があった場所へとやって来た夫婦の姿が描かれ、南沢奈央濱田龍臣が出演する。

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)

KUNIO10「更地」より。(撮影:井上嘉和)[拡大]

開幕に際し杉原は「2001年4月、京都造形芸術大学(当時)に入学したての僕は学内の劇場、京都芸術劇場 studio21で太田省吾の『更地』に出会いました。それから20年後のいま、同劇場の春秋座で恩師の作品を僕なりの新たな形で上演することができました。そして、これから新潟、東京の各地でこの作品をお届けできることに、大きな希望を感じています。今日の初日を僕は一生忘れません」とコメントしている。

京都公演は本日10日まで。その後、30日に新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場、11月7日から14日まで東京・世田谷パブリックシアターで上演される。

ステージナタリーでは演出・美術を手がける杉原と南沢、濱田の座談会を掲載。太田作品の魅力や稽古の様子などを語っている。

この記事の画像・動画(全21件)

杉原邦生コメント

初日の幕が無事に開きました。

若き二人の俳優から発せられる太田省吾の言葉、その身体から溢れ出る生命のエネルギー、それらが舞台の上で混ざり合い、希望となって空へ駆け上がる。そんな、いまこそ観てほしい演劇をつくることができたと、客席で感じました。

2001年4月、京都造形芸術大学(当時)に入学したての僕は学内の劇場、京都芸術劇場 studio21で太田省吾の「更地」に出会いました。それから20年後のいま、同劇場の春秋座で恩師の作品を僕なりの新たな形で上演することができました。そして、これから新潟、東京の各地でこの作品をお届けできることに、大きな希望を感じています。

今日の初日を僕は一生忘れません。

劇場で皆様のお越しをお待ちしております!

KUNIO10「更地」

2021年10月9日(土)・10日(日)
京都府 京都芸術劇場 春秋座

2021年10月30日(土)
新潟県 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場

2021年11月7日(日)~14日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

作:太田省吾
演出・美術:杉原邦生
出演:南沢奈央濱田龍臣

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】KUNIO「更地」開幕に杉原邦生が感慨「今日の初日を僕は一生忘れません」(コメント)
https://t.co/jaSy857WX8

#杉原邦生 #南沢奈央 #濱田龍臣 https://t.co/guOvbddf3A

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

杉原邦生のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 杉原邦生 / KUNIO / 南沢奈央 / 濱田龍臣 / 太田省吾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします