山崎広太×ダンサー11名の作品展示「ダンステレポーテーション」オープニングトークも

56

TRIAD INTERMISSION vol.1「『ダンステレポーテーション』展 ~時空を超える振付、浮遊する言葉と身体~」が、8月7日から9月13日まで神奈川・Dance Base Yokohama(DaBY)で開催される。

TRIAD INTERMISSION vol.1「『ダンステレポーテーション』展 〜時空を超える振付、浮遊する言葉と身体〜」ビジュアル

TRIAD INTERMISSION vol.1「『ダンステレポーテーション』展 〜時空を超える振付、浮遊する言葉と身体〜」ビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

TRIAD INTERMISSION vol.1「『ダンステレポーテーション』展 〜時空を超える振付、浮遊する言葉と身体〜」告知ビジュアル

TRIAD INTERMISSION vol.1「『ダンステレポーテーション』展 〜時空を超える振付、浮遊する言葉と身体〜」告知ビジュアル[拡大]

これは、振付家・ダンサーの山崎広太が5月に開催予定だった「都市のなかの身体遊園地」が、新型コロナウイルスの影響で中止になったことから企画された新プロジェクト。本企画ではアメリカ在住の山崎が、岩渕貞太小暮香帆小野彩加、金子愛帆、木原萌花、久保田舞、栗朱音、ながやこうた、幅田彩加、望月寛斗、横山千穂という日本在住ダンサー11名それぞれと遠隔で作り上げたダンス作品を、展覧会形式で公開する。

展示の開催前日である8月6日には、同会場でオープニングトークを開催。トークには来日中の山崎のほか、小暮、金子、木原、久保田、幅田、望月、横山、そしてDance Base Yokohamaのアーティスティックディレクターである唐津絵理とファシリテーターの吉田拓が登壇する。会場でのトーク観覧チケットは限定10名で現在発売中。なお当日の模様はDance Base Yokohamaの公式YouTubeチャンネルで無料生配信される。

この記事の画像(全2件)

TRIAD INTERMISSION vol.1「『ダンステレポーテーション』展 ~時空を超える振付、浮遊する言葉と身体~」

2020年8月7日(金)~9月13日(日)10:00~18:00 ※日曜日、月曜日は休館。ただし最終日の9月13日のみ開館。
神奈川県 Dance Base Yokohama

振付ディレクター:山崎広太
コラボレーション・パフォーマー:岩渕貞太小暮香帆小野彩加、金子愛帆、木原萌花、久保田舞、栗朱音、ながやこうた、幅田彩加、望月寛斗、横山千穂

オープニングトーク

2020年8月6日(木)19:30~21:00
神奈川県 Dance Base Yokohama

登壇者:山崎広太 / 小暮香帆、金子愛帆、木原萌花、久保田舞、幅田彩加、望月寛斗、横山千穂 / 唐津絵理
ファシリテーター:吉田拓

※山崎広太の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

関連記事

岩渕貞太のほかの記事

リンク