シアター風姿花伝が“最適な演劇空間作り”を目指し、オンライン配信設備を導入

1

205

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 56 118
  • 31 シェア

東京・シアター風姿花伝が、オンライン配信設備を導入し、“オンラインとオフラインの最適な調和を目指した演劇空間”作りを目指す。

シアター風姿花伝ロゴ

シアター風姿花伝ロゴ

大きなサイズで見る(全4件)

シアター風姿花伝の様子。

シアター風姿花伝の様子。[拡大]

シアター風姿花伝の客席の様子。

シアター風姿花伝の客席の様子。[拡大]

シアター風姿花伝・支配人の那須佐代子は、新型コロナウイルスの影響により「これまでの形式にとらわれない、新たな上演形式を模索することが、劇団、興行主、劇場に求められている」と指摘。そのうえでシアター風姿花伝では、「より安全な観劇空間の創造」「客席減少に伴う利用団体のチケット収入減をサポート」「新たな観客層の開拓と積極的な演劇文化の発信」「次世代の上演形式への挑戦とその支援」を目標に掲げ、舞台映像の収録や生配信が可能な設備を、7月から導入することを決定した。設備導入後、第1弾は、7月16日から26日に上演されるDULL-COLORED POPの新作「アンチフィクション」となる。

この記事の画像(全4件)

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

シアター風姿花伝が“最適な演劇空間作り”を目指し、オンライン配信設備を導入
https://t.co/SeDq6QGu6h https://t.co/7DTOXQnXSE

コメントを読む(1件)

関連記事

那須佐代子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 那須佐代子 / DULL-COLORED POP の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします