ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

“唯一無二”の桐生麻耶、トップスターラストの「春のおどり」へ意気込み述べる

81

OSK日本歌劇団「レビュー春のおどり」製作発表より、左から荻田浩一、楊琳、桐生麻耶、舞美りら、尾上菊之丞。

OSK日本歌劇団「レビュー春のおどり」製作発表より、左から荻田浩一、楊琳、桐生麻耶、舞美りら、尾上菊之丞。

OSK日本歌劇団「レビュー春のおどり」の製作発表が去る3月25日に大阪府内で行われた。

「レビュー春のおどり」は、OSK日本歌劇団による春の風物詩。本公演では、今年7月に特別専科へ移籍する現トップスター・桐生麻耶率いるOSK日本歌劇団が、1部では尾上菊之丞が構成・演出・振付を手がける「ツクヨミ~the moon~」、2部では荻田浩一が作・演出を担う「Victoria!」を披露する。

桐生が「レビュー春のおどり」にトップスターとして出演するのは、これが最後。桐生は「改めてということばかりですが、トップを退く事よりも、通常運転で良い作品をお客様にお届けし、お客様に“OSKっていいな”、“レビューってやっぱり楽しいな”と思っていただけるように、しっかりと後悔のないようお稽古をしようと思っています。舞台が出来ることは当たり前ではありませんので、それを肝に銘じて勤めて参ります」と気合い十分な様子を見せた。

菊之丞は、自身が「レビュー春のおどり」に携わるのは3年ぶり2度目であると語りつつ、「前回は桐生さんに弁慶を演じていただきましたが、男役として弁慶を出来る方というのはそうはいません。まさしく唯一無二だと、身をもって感じました。その中で新たな作品づくりのご依頼を受けたときに、今回は1役ではなく蘇我入鹿、伊達政宗、中山安兵衛という3役を1部レビューの中に詰め込みました。枠に収まりきらない桐生さんの男役トップスターとしての魅力を存分に描いていきたいです」とコメント。さらに「ツクヨミ~the moon~」が“日本物”のレビューであることに触れ、「日本の歌劇団である我々にしか出来ない世界を作り上げます。そういうものを必要として、私もここに呼ばれているんだと思っております。今まで経験したものを最大限に生かし新しい発想を持って、劇団員の皆様には魅力、個性をばんばんと出していただきたい」と意気込みを述べる。

一方、荻田はまず桐生への印象を「唯一無二で“やさしさ”と“おもしろさ”を持っている方」と語り、「ショーの中でも男役としてのかっこよさ、力強さは勿論、面白可笑しいところと、やさしく素敵なところが沢山出てくれば良いと思っています。そしてOSK劇団員、一人一人の舞台にかける真っすぐさ、エネルギーをお客様に感じていただきたいです」と話す。さらに「『春のおどり』は賑やかな印象がありますので、今回も明るく朗らかな気持ちになれるようなお祭りムードがある作品にしたいと思っています。退団されるわけではないので悲しみではなく、桐生さんが次の世代にエールを渡すということのお祝いの公演になるのではないかと思っています。そして桐生さんはピンクが大好きなので、プロローグを真っピンクにしてみました。OSKの桜でもありますし、桜に染まって、この先も咲き続けてください」と桐生にエールを送った。

8月から桐生に代わり、トップスターに就任する楊琳は「皆様に喜んでいただける、楽しんでいただける『春のおどり』を目指してお稽古をしております。早く皆様に見ていただきたいと、わくわくしながら、日々元気に頑張っておりますので、皆さまも健康に過ごしていただき、観に来ていただきたいです」と観客に来場を呼びかけ、虹架路万は「先生方のお話や支えてくださる方の熱い思いが沢山つまったこの作品と真摯に向き合って、お客様に特別な時間だと感じていただけるように、劇場にいる間、夢を見れるんだと思っていただけるように頑張ってまいります」と抱負を語った。公演は4月18日から26日まで大阪・大阪松竹座、5月2日から5日まで東京・新橋演舞場にて。

OSK日本歌劇団「レビュー春のおどり」

2020年4月18日(土)~26日(日)
大阪府 大阪松竹座

2020年5月2日(土)~5日(火・祝)
東京都 新橋演舞場

第1部「ツクヨミ~the moon~」

構成・演出・振付:尾上菊之丞

第2部「Victoria!」

作・演出:荻田浩一

出演:桐生麻耶楊琳、虹架路万、舞美りら、愛瀬光、華月奏、翼和希、千咲えみ、白藤麗華、遥花ここ、城月れい、麗羅リコ、実花もも、朔矢しゅう、栞さな、登堂結斗、唯城ありす、由萌ななほ、りつき杏都、羽那舞、凜華あい、雅晴日、蘭ちさと、紫咲心那、涼乃あゆ、叶望鈴、水葉紗衣、瀧登有真、真織ひな、花うらら、舞音ことは、空良玲澄 / 朝香櫻子 ほか

ステージナタリーをフォロー