坂の下には恋をしていた頃の妻がいて…ピンク・リバティ「下らざるをえない坂」

89

ピンク・リバティ「下らざるをえない坂」が、5月27日から31日まで東京・浅草九劇で上演される。

ピンク・リバティ 第6回公演「下らざるをえない坂」チラシ表

ピンク・リバティ 第6回公演「下らざるをえない坂」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

ピンク・リバティ代表で子供鉅人メンバーの山西竜矢が脚本・演出を手がける本作は、奇妙な二重生活に溺れていく男のラブストーリー。主人公・古川広は妻と共に暮らしているが、その関係は冷え切っていた。ある夜、悪夢にうなされた古川は、気を紛らわせるため散歩に出かける。家から伸びる長い坂を下ると、そこには自分が恋をしていた頃の妻とよく似た若い女がいて……。

出演者には山西のほか、オーストラ・マコンドーの清水みさと、柿喰う客 / 青年団の大村わたる傳田うに北村優衣、柿喰う客の葉丸あすか劇団かもめんたるの土屋翔、半田美樹、大島萌、文学座の武田知久、奈良原大泰、稲川悟史、斎藤友香莉、元松あかねが名を連ねている。

この記事の画像(全2件)

ピンク・リバティ 第6回公演「下らざるをえない坂」

2020年5月27日(水)~31日(日)
東京都 浅草九劇

脚本・演出:山西竜矢
出演:清水みさと大村わたる傳田うに北村優衣葉丸あすか、土屋翔、半田美樹、大島萌、武田知久、奈良原大泰、稲川悟史、斎藤友香莉、元松あかね、山西竜矢

※2020年5月6日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

全文を表示

ピンク・リバティのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ピンク・リバティ / 山西竜矢 / 清水みさと / 大村わたる / 傳田うに / 北村優衣 / 葉丸あすか / 劇団かもめんたる / 半田美樹 / 武田知久 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします