ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

こまつ座「私はだれでしょう」に朝海ひかる、平埜生成、吉田栄作ら再び

216

2017年上演の、こまつ座「私はだれでしょう」より。

2017年上演の、こまつ座「私はだれでしょう」より。

こまつ座「私はだれでしょう」が、10月に東京・紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演される。

「私はだれでしょう」は、2007年に初演された井上ひさし作、栗山民也演出の音楽劇。初演から10年となる2017年には再演が行われた。

舞台は昭和21年、CIE(民間情報教育局)のラジオ担当官フランク馬場(吉田栄作)の監視下に置かれたラジオ番組「尋ね人」を制作する日本放送協会の一室。脚本班分室長の川北京子(朝海ひかる)をはじめとする3人の女性たちが中心となり、戦争で行方知れずになった肉親、知人の消息を尋ねる人々の声を、ラジオを通して全国に届けようと奮闘していた。そこへ「ラジオで私を探してほしい」と言う、歌もタップも武術もこなす不思議な男(平埜生成)が現れる。彼の“自分探し”を手伝ううち、ラジオ局の職員たちは自分自身が何者であるかを見つめることになり……。

今回は、再演版のキャストである朝海、枝元萌大鷹明良尾上寛之、平埜、八幡みゆき、吉田が再び顔を合わせる。チケットの前売り販売は8月に開始される予定。

こまつ座 第134回公演「私はだれでしょう」

2020年10月
東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA

作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演:朝海ひかる枝元萌大鷹明良尾上寛之平埜生成八幡みゆき吉田栄作
ピアノ演奏:朴勝哲

ステージナタリーをフォロー