ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「蜷の綿」に、さいたまゴールド&ネクストシアターが新たな息吹き込む

227

「『蜷の綿- Nina's Cotton -』リーディング公演」より。(撮影:宮川舞子)

「『蜷の綿- Nina's Cotton -』リーディング公演」より。(撮影:宮川舞子)

「『蜷の綿- Nina's Cotton -』リーディング公演」が昨日10月13日に開幕した。

「蜷の綿」は、マームとジプシーの藤田貴大蜷川幸雄に取材し、その半生を舞台化した作品。2016年に上演予定だったが、蜷川の入院によって公演中止となった。今回、蜷川の助手を長年務めた井上尊晶の演出で、リーディング上演される。出演者にはさいたまゴールド・シアターさいたまネクスト・シアターの面々が名を連ねた。また本日14日には俳優の石井愃一竪山隼太、15日には演劇評論家の内田洋一、演出の井上が登壇するアフタートークが実施される。

「蜷の綿- Nina's Cotton -」は10月15日まで、埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて。また関連企画として、同じく15日まで藤田が構成・演出を手がける「まなざし」を上演するほか、「蜷川幸雄シアター in 彩の国さいたま芸術劇場」と題し、蜷川が演出を手がけた彩の国シェイクスピア・シリーズ第15弾「間違いの喜劇」、第23弾「じゃじゃ馬馴らし」、第28弾「ヴェニスの商人」、第29弾「ジュリアス・シーザー」の映像を上映している。

「蜷の綿- Nina's Cotton -」リーディング公演

2019年10月13日(日)~15日(火)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

作:藤田貴大
演出:井上尊晶
出演:さいたまゴールド・シアター(石井菖子、石川佳代、宇畑稔、大串三和子、小渕光世、葛西弘、神尾冨美子、上村正子、北澤雅章、小林允子、佐藤禮子、重本惠津子、田内一子、高橋清、滝澤多江、竹居正武、谷川美枝、田村律子、ちの弘子、都村敏子、寺村耀子、遠山陽一、徳納敬子、中野富吉、中村絹江、西尾嘉十、林田惠子、百元夏繪、宮田道代、森下竜一、渡邉杏奴) / さいたまネクスト・シアター(周本絵梨香、鈴木彰紀、竪山隼太、手打隆盛、堀 源起、内田健司、中西晶、平山遼、續木淳平、阿部輝、銀ゲンタ、鈴木真之介、高橋英希)

※高橋清と高橋英希の「高」ははしご高が正式表記。

「蜷の綿- Nina's Cotton -」リーディング公演 関連企画「まなざし」

2019年10月11日(金)~15日(火)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 NINAGAWA STUDIO(大稽古場)

構成・演出:藤田貴大
出演:成田亜佑美、吉田聡子

「蜷川幸雄シアター in 彩の国さいたま芸術劇場」

2019年10月13日(日)~15日(火)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

上映演目:「間違いの喜劇」(13日10:30~ / 15日10:30~)、「ジュリアス・シーザー」(13日13:30~)、「ヴェニスの商人」(14日10:00~)、「じゃじゃ馬馴らし」(14日16:30~)

ステージナタリーをフォロー