藤田貴大が「蜷の綿」を完成させるまでの時間を空間展示、さいたまで

77

さいたまネクスト・シアター×さいたまゴールド・シアターの「リチャード二世」と、マームとジプシー「夜、さよなら」「夜が明けないまま、朝」「Kと真夜中のほとりで」が、2月18日にさいたま芸術劇場で開幕する。その関連企画が決定した。

さいたまネクスト・シアター×さいたまゴールド・シアター「リチャード二世」と、マームとジプシー「夜、さよなら」「夜が明けないまま、朝」「Kと真夜中のほとりで」のチラシ。

さいたまネクスト・シアター×さいたまゴールド・シアター「リチャード二世」と、マームとジプシー「夜、さよなら」「夜が明けないまま、朝」「Kと真夜中のほとりで」のチラシ。

大きなサイズで見る(全5件)

まずは企画展「nina's cotton zero」。先日上演延期が決定した「蜷の綿-Nina's Cotton-」は、演出家・蜷川幸雄をモチーフに、藤田貴大が1年以上の取材を行って書き上げた戯曲だった。本展では、その創作にかけられた時間を、空間として表現する。

また「さいたまゴールド・シアター / さいたまネクスト・シアター / マームとジプシー舞台写真展」は、蜷川が主宰するさいたまゴールド・シアターとさいたまネクスト・シアター、そしてマームとジプシーの作品世界を、舞台写真によって振り返る内容となっている。

さらに、マームとジプシー公演の2月20日18:00の回には、主宰・藤田によるアフタートークを実施。いずれもここでしか見られない企画、観劇の際にはぜひチェックしよう。

企画展「nina's cotton zero」

2016年2月18日(木)~28日(日)12:00~19:30
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 中稽古場2
※18日(木)は17:30~19:30、22日(月)は休み。
※入場無料。ただし、さいたまネクスト・シアター×さいたまゴールド・シアター「リチャード二世」、またはマームとジプシー「夜、さよなら」「夜が明けないまま、朝」「Kと真夜中のほとりで」の半券が必要。

「さいたまゴールド・シアター / さいたまネクスト・シアター / マームとジプシー舞台写真展」

2016年2月11日(木・祝)~3月6日(日)9:00~22:00
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 1階ガレリア
※休館日あり。
※入場無料。

この記事の画像(全5件)

関連記事

蜷川幸雄のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 蜷川幸雄 / 藤田貴大 / さいたまゴールド・シアター / さいたまネクスト・シアター の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします