ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

シネマ歌舞伎in池袋で「野田版 桜の森の満開の下」ほか特集上映、梅こぶ茶も

307

特集上映「シネマ歌舞伎 inシネ・リーブル池袋」が9月6日から26日まで東京のシネ・リーブル池袋で開催される。

これは、昨年4・5月に初開催されたシネ・リーブル池袋でのシネマ歌舞伎特集上映第2弾。今回は、野田秀樹作・演出の「《シネマ歌舞伎》野田版 桜の森の満開の下」をはじめ、宮藤官九郎作・演出による「《シネマ歌舞伎》大江戸りびんぐでっど」、三遊亭円朝の落語を原作にした「《シネマ歌舞伎》怪談 牡丹燈籠」、中村勘三郎坂東玉三郎片岡仁左衛門が出演した「《シネマ歌舞伎》籠釣瓶花街酔醒」、さらに2016年のコクーン歌舞伎 第15弾「《シネマ歌舞伎》四谷怪談」、玉三郎と歌舞伎界の次代を担う花形俳優たちが出演した「《シネマ歌舞伎》京鹿子娘五人道成寺/二人椀久」が上映される。

なおシネマ歌舞伎の上映期間限定で、劇場特製の梅こぶ茶が販売される。

ステージナタリーをフォロー