《シネマ歌舞伎》大江戸りびんぐでっど

シネマカブキオオエドリビングデッド

2010年10月16日(土)公開 / 上映時間:103分 / 製作:2010年(日本) / 配給:松竹

(C) 松竹株式会社

解説 昨年12月に歌舞伎座のさよなら公演で上演され、チケットが即完売した同作がシネマ歌舞伎で登場。作・演出を宮藤官九郎が手掛け、江戸時代に現れた“ぞんび”が人間の代わりに派遣会社で働くという奇抜な物語が繰り広げられる。歌舞伎界のスター達がヒップホップにゾンビテイストを加えたダンスを披露するなど歌舞伎初心者も楽しめる1作だ。

ストーリー 時は江戸時代。くさや汁を浴びた死人がなんと“ぞんび”として生き返り、江戸の町は大騒ぎに。くさやの名産地新島出身の半助は、ある方法でぞんびたちを従わせることに成功。彼は想いを寄せるお葉とともに、人間の代わりにぞんびを働かせる人材派遣会社を企業する。

情報提供:ぴあ

スタッフ

音楽:向井秀徳

キャスト

市川染五郎(7代目)
中村七之助
中村勘三郎
中村福助
中村橋之助
中村勘太郎
中村扇雀
坂東三津五郎
坂東彌十郎
中村獅童