映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

《シネマ歌舞伎》野田版 桜の森の満開の下

《シネマ歌舞伎》野田版 桜の森の満開の下

シネマカブキノダバンサクラノモリノマンカイノシタ

解説

歌舞伎の舞台公演を高性能カメラで撮影した“シネマ歌舞伎“の第33弾。坂口安吾の小説を下敷きにして野田秀樹が書き下ろした伝説の戯曲『桜の森の満開の下』を歌舞伎に翻案した舞台の模様を映す。大河ドラマ『いだてん』も好評の中村勘九郎が主演を務め、本業の歌舞伎役者としての魅力を遺憾なく発揮。妖しくも美しい舞台美術にも注目したい。

ストーリー

時は天智天皇が治める時代。王が3人の名人と言われる彫刻家を招集して、愛娘である夜長姫と早寝姫の守り神となる仏像の制作で競い合うことを命じる。しかし、彼ら3人はみながみな自身の素性を隠し、名人を偽った者たちだった。やがて3年の月日が流れ……

2019年4月5日(金)公開 / 上映時間:133分 / 製作:2019年(日本) / 配給:松竹

(C) PIA

《シネマ歌舞伎》野田版 桜の森の満開の下のニュース

映画ナタリーをフォロー