ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

舞台「宇宙戦艦ティラミス」第2弾が大阪と東京で、校條拳太朗ら続投

222

舞台「宇宙戦艦ティラミス」ロゴ

舞台「宇宙戦艦ティラミス」ロゴ

舞台「宇宙戦艦ティラミス」の第2弾が12月に大阪、来年2020年1月に東京で上演されることが決定した。

本作は、第22回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞したWebマンガ「宇宙戦艦ティラミス」を原作とした作品。舞台版第1弾に続き、今回の第2弾でも脚本をなるせゆうせい、演出をホチキスの米山和仁が担当する。

さらに校條拳太朗高本学上田悠介伊藤孝太郎、藤本かえで、正木航平、磯貝龍乎と、第1弾の出演者が続投することも明らかに。正式タイトルや公演詳細については続報を待とう。

「舞台『宇宙戦艦ティラミス』第2弾(仮)」

2019年12月
大阪

2020年1月
東京

原作:宮川サトシ伊藤亰(新潮社「くらげバンチ」連載)
脚本:なるせゆうせい
演出:米山和仁
出演:校條拳太朗高本学上田悠介伊藤孝太郎、藤本かえで、正木航平、磯貝龍乎

(c)宮川サトシ 伊藤亰・新潮社/「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会 (c)舞台「宇宙戦艦ティラミス」製作委員会

ステージナタリーをフォロー