ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

三浦祐太朗が母・山口百恵のアンサーソングを歌唱「Ay 曽根崎心中」本日より

29

「Ay 曽根崎心中」より。

「Ay 曽根崎心中」より。

「Ay 曽根崎心中」が、本日12月12日に東京・新国立劇場 中劇場で開幕。これに先駆け、囲み取材とゲネプロが昨日11日行われた。

2001年にスタートした「Ay 曽根崎心中」は、近松門左衛門の代表作「曽根崎心中」を、フラメンコのリズムに乗せて表現する舞踊劇。阿木燿子がプロデュース・作詞を手がけ、宇崎竜童が音楽監督と作曲を担当する。主演を務めるのは、フラメンコダンサーの鍵田真由美と佐藤浩希。このほか三浦祐太朗、Ray Yamada、若旦那も参加する。

囲み取材に登場した阿木は「最高のキャスティングになりました」と手応えを語り、宇崎は「楽器編成も特殊で毎回苦労しますが、阿木プロデューサーの仰せのままにがんばっています」とコメント。三浦の母・山口百恵の「さよならの向う側」を手がけた阿木と宇崎のコンビについて、三浦は「今回自分が歌唱する『菩提樹』が、『さよならの向う側』のアンサーソングだとお聞きし、親子2代にわたってお世話になれることを非常に光栄に思いました」と喜びを明かす。三浦の言葉を受け、阿木は「今回この曲が『曽根崎』で歌われることによって、今までの結末とは違った仕上がりになりました。ずっと何かが足りないと思っていたけれど、まさにこの曲が必要だったんだなと実感しました」と答えた。「Ay 曽根崎心中」の公演は12月20日まで。

「Ay 曽根崎心中」

2018年12月12日(水)~20日(木)
東京都 新国立劇場 中劇場

原作:近松門左衛門
プロデュース・作詞:阿木燿子
音楽監督・作曲:宇崎竜童
演出・振付:佐藤浩希
フラメンコ:鍵田真由美、佐藤浩希 / 工藤朋子、三四郎 / 矢野吉峰
唄:三浦祐太朗、Ray Yamada、若旦那
語り:仲代達矢

※鍵田真由美と工藤朋子、佐藤浩希と三四郎はWキャスト。

ステージナタリーをフォロー