ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

近松門左衛門の世界をフラメンコで描く「Ay 曽根崎心中」宇崎竜童ら構想語る

147

「Ay 曽根崎心中」制作発表記者会見より。(撮影:伊ケ崎忍)

「Ay 曽根崎心中」制作発表記者会見より。(撮影:伊ケ崎忍)

12月に上演される「Ay 曽根崎心中」の制作発表記者会見が、昨日7月3日に東京都内で行われた。

「Ay 曽根崎心中」は2001年にスタートした、阿木燿子がプロデュースを手がける舞踊劇。フラメンコのリズムに乗せ、近松門左衛門「曽根崎心中」の物語が描かれる。音楽監督・作曲は宇崎竜童が担当。鍵田真由美と佐藤浩希、工藤朋子と三四郎のペアがWキャストでお初と徳兵衛を演じ、唄のパートを三浦祐太朗、Ray Yamanda、若旦那が務めるほか、ナレーションで仲代達矢が参加する。

会見に登壇した阿木は「今回、タイトルを『FLAMENCO 曽根崎心中』から『Ay 曽根崎心中』に変えました。Ayはスペイン語の『ああ』という感嘆詞。ああ素晴らしい!と感じていただけるように改題しました」と構想を明かし、宇崎は「今回はいつものフラメンコの編成に、ピアノ、エレキベース、篠笛、和太鼓、津軽三味線2本が加わります。阿木からは新曲を作れという要請があり、七転八倒する毎日です」と続ける。

初演からお初を演じる鍵田は「初演時はフラメンコの曲に乗せて日本語で歌う、着物のような衣装で踊るなど、さまざまな挑戦がありました。がむしゃらに没頭した初演の記憶をたどり、この作品と向かい合いたいです。そのためには、九平次さん(矢野)、死の淵まで追いやってください。徳兵衛さん(佐藤)、未来を見据えながら心中しましょう」と意気込んだ。

「Ay 曽根崎心中」は、12月12日から20日まで東京・新国立劇場 中劇場で上演される。

「Ay 曽根崎心中」

2018年12月12日(水)~20日(木)
東京都 新国立劇場 中劇場

原作:近松門左衛門
プロデュース・作詞:阿木燿子
音楽監督・作曲:宇崎竜童
フラメンコ:鍵田真由美、佐藤浩希 / 工藤朋子、三四郎 / 矢野吉峰
唄:三浦祐太朗、Ray Yamada、若旦那
語り:仲代達矢

※鍵田真由美と工藤朋子、佐藤浩希と三四郎はWキャスト。

ステージナタリーをフォロー