ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

根本宗子の新作「クラッシャー女中」麻生久美子&中村倫也がW主演

923

M&Oplays プロデュース「クラッシャー女中」ビジュアル。左から中村倫也、麻生久美子。

M&Oplays プロデュース「クラッシャー女中」ビジュアル。左から中村倫也、麻生久美子。

根本宗子が脚本・演出を手がける新作「クラッシャー女中」が、来年2019年3月から4月にかけて東京・本多劇場ほかで上演される。

本作は昨年17年2月に東京・本多劇場で上演された「皆、シンデレラがやりたい。」に続く、“根本宗子×M&Oplays 本多劇場公演”の第2弾。今作が初共演となる麻生久美子中村倫也がW主演を務め、“すべてを手に入れたい女”と“欲望まみれの絶対王子”の姿が描かれる。

麻生は出演にあたり、「若く才能豊かなお二方とご一緒できるのは本当に嬉しいです。少しでも舞台の上が楽しめるように、全力で頑張りたいと思います」と意気込む。また中村は「『次どういう事やったら楽しいか』とマネージャーと相談していた時にちょうどオファーを頂いたので『コレだね!』と直感して決めました。どんな作品になるのか楽しみにしています」と期待を述べた。

そして根本は本作の内容について「麻生さんが人間関係をかき乱して崩していくなかで、全くそれに対して怒りという感情を持っていない中村さんが合わさると、どうなっていくのか楽しみです」と展望を語っている。

なお本作は東京公演のほか、愛知、大阪、島根、広島を巡演予定。このほかのキャストや公演日程などの詳細については続報を待とう。

麻生久美子コメント

初舞台から10年経ちましたが、まだまだ舞台の上に立つことが怖いです。作・演出の根本宗子さんとは今回はじめてご一緒させていただきますが、女性ならではの視点で人間の、人には見せたくない嫌なところや隠したいところをリアルにコミカルに描かれていらっしゃるので、今回、どのように演出していただけるのかとても楽しみです。
中村倫也さんとは以前、雑誌の撮影ではじめてお会いしましたが、纏っている空気感がミステリアスで、そこがとても魅力的な方だと感じました。
今回、若く才能豊かなお二方とご一緒できるのは本当に嬉しいです。少しでも舞台の上が楽しめるように、全力で頑張りたいと思います。

中村倫也コメント

麻生さんと舞台の共演は初めてです。共演が決まった後に雑誌の撮影で初めてお会いしたのですが、その時のテーマ通りの「ミューズ」な方でした(笑)。
舞台は昨年の「怒りをこめてふり返れ」以来、現代ものの会話劇も4・5年振りで、しかも10年振りの「本多劇場」という、思い入れのある小屋での公演なので楽しみです。舞台は自分の地元みたいなものなので。
根本さんの作品はたくさん観てきてて、いつかやりたいなと思っていたんです。
舞台やドラマで色んな役をやらせてもらってきたので「次どういう事やったら楽しいか」とマネージャーと相談していた時にちょうどオファーを頂いたので「コレだね!」と直感して決めました。どんな作品になるのか楽しみにしています。

根本宗子コメント

麻生さんとは今回初めてお会いするのですが、舞台で拝見するとキレイで少し現実離れした美人というイメージがあるけど、大変コメディエンヌでもあるじゃないですか。なので、美人な最強サークルクラッシャー役を描きたいなと。麻生さんがもっている空気感がどこか憎めないチャーミングさがあるので、内容がブラックでもお客さんが笑えて嫌な気持ちにならず、スカッとするところを目指したいです。
中村さんとは数年前にお仕事して面識はありますが、舞台でご一緒するのは初めてなので楽しみです。中村さんは近年サイコパスな役のイメージが強い気がするので、今回は優しくてカッコいい、お馬鹿な役を書きたいと思っています。ご本人とお話しした際、「くだらないヤツがいい!」とおっしゃっていたので私の中の私がニヤリとしまして。本人には「嫌だ」と言われそうですが、“すっごいカッコイイけれど死ぬほど頭が悪い”役をぜひやってほしいです。また、歌も素敵なので個人的には歌ってほしいですが、ミュージカルという事ではなく、お馬鹿なエンターテインメント要素として歌を入れていきたいと思っています。
麻生さんが人間関係をかき乱して崩していくなかで、全くそれに対して怒りという感情を持っていない中村さんが合わさると、どうなっていくのか楽しみです。

M&Oplays プロデュース「クラッシャー女中」

2019年3月~4月
東京都 本多劇場
ほか、愛知、大阪、島根、広島公演あり。

脚本・演出:根本宗子
出演:麻生久美子中村倫也 ほか

ステージナタリーをフォロー