ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「US / THEM わたしたちと彼ら」「踊るよ鳥ト少し短く」が同時開幕

26

オフィスコットーネ セレクションvol.1「US / THEM わたしたちと彼ら」より。(撮影:青木司)

オフィスコットーネ セレクションvol.1「US / THEM わたしたちと彼ら」より。(撮影:青木司)

オフィスコットーネ セレクションvol.1「US / THEM わたしたちと彼ら」「踊るよ鳥ト少し短く」が昨日9月20に開幕した。

オフィスコットーネ セレクションは、「シンプルかつ新たな舞台表現に挑む」をキーワードに、オフィスコットーネのプロデューサー・綿貫凜がセレクトした2作品を同時上演する企画。1本目にはカーリー・ヴェイス作「US / THEM わたしたちと彼ら」、2本目にははえぎわ・ノゾエ征爾の戯曲「鳥ト踊る」をショートバージョンに改訂した「踊るよ鳥ト少し短く」がラインナップされた。

コンドルズ / CHAiroiPLINのスズキ拓朗が演出を手がける「US / THEM わたしたちと彼ら」は、2004年に発生したベスラン学校占拠事件をモチーフとした作品で、青年座の尾身美詞野坂弘が出演。また□字ックの山田佳奈が演出を担当する「踊るよ鳥ト少し短く」は、扇風機に髪の毛を絡み取られ身動きが取れなくなった女性と、そこに偶然出くわした男性が織りなす物語だ。

プロデューサーの綿貫は「極限状態に置かれた人間を“俳優の身体と言葉で”表現する2作品が、想像力というマシンガンを突きつけて、下北沢小劇場B1を徹底包囲いたします。ディスコミュニケーションと破壊。それでも人と人とが関わり合うことには希望がある。オフィスコットーネセレクション、異種配合の危険な、衝撃的な舞台体験をどうぞご堪能ください」とコメントしている。

公演は9月27日まで、東京・小劇場B1にて。

オフィスコットーネ セレクションvol.1「US / THEM わたしたちと彼ら」「踊るよ鳥ト少し短く」

2018年9月20日(木)~27日(木)
東京都 小劇場B1

「US / THEM わたしたちと彼ら」

作:カーリー・ヴェイス
翻訳:小田島恒志、小田島則子
演出:スズキ拓朗
出演:尾身美詞野坂弘

「踊るよ鳥ト少し短く」

作:ノゾエ征爾
演出:山田佳奈
出演:占部房子政岡泰志

ステージナタリーをフォロー