ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「平家女護島」通し上演、俊寛と清盛の2役演じる中村芝翫「“静の悲しさ”を」

31

左から片岡孝太郎、中村芝翫。

左から片岡孝太郎、中村芝翫。

「平成30年10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島(へいけにょごのしま)』」の取材会が、昨日8月23日に東京都内にて行われた。

取材会には出演者の中村芝翫片岡孝太郎が参加。芝翫は「襲名をして、はじめての国立劇場です。私は初舞台が国立劇場でしたので、芝翫を襲名して以来、出演できるのを心から楽しみにしておりました」と挨拶し、俊寛僧都と平相国入道清盛の2役を演じる芝翫は、俊寛役について「どうしても感情をデフォルメしてしまいがちなのですが、今回は“静の悲しさ”というものを出し、俊寛の内面的なものが深くなっていけばと思っています」と目標を掲げた。

俊寛の妻・東屋役を演じる孝太郎は「俊寛の通しというお話しを伺い、てっきり千鳥をやらせていただけると思っていたのですが、今回私は東屋で、千鳥は後輩が勤めるということで……私もそこそこの年齢になり、ちょっと悲しく、またうれしくもありという心境でございます」と会場を和ませ、さらに「私が女方になった一番の発端は、先代の芝翫のおじ様にお稽古をつけていただいていたとき、『君のお家には、特別に女方の形がないだろ。自分で松嶋屋の形を作っていきなさい』というお言葉をいただきまして、それから女方に専念してまいりました。今回芝翫のお兄さんに声をかけていただいて大変うれしく、新しい東屋像を、そして俊寛のお芝居を、芝翫のお兄さんと一緒に作っていけたらと思っております」と意気込みを語った。

「平成30年10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島(へいけにょごのしま)』」は10月1日から25日まで東京・国立劇場にて。チケットの一般販売は、電話・インターネット予約が9月6日、窓口販売が9月7日に開始される。

「平成30年10月歌舞伎公演『通し狂言 平家女護島(へいけにょごのしま)』」

2018年10月1日(月)~25日(木)
東京都 国立劇場

作:近松門左衛門
出演:中村芝翫片岡孝太郎中村亀鶴中村橋之助中村福之助中村梅花坂東新悟中村松江中村東蔵 ほか

ステージナタリーをフォロー