ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

十八世中村勘三郎七回忌追善公演、10月歌舞伎座&11月平成中村座にて

803

左から中村七之助、中村勘九郎。

左から中村七之助、中村勘九郎。

10月に東京・歌舞伎座、11月に東京・浅草寺境内の平成中村座にて、十八世中村勘三郎七回忌追善公演が行われる。その製作発表が本日7月26日に東京都内にて行われ、中村勘九郎中村七之助、松竹株式会社取締役副社長 / 演劇本部長の安孫子正氏が登壇した。

追善公演を、歌舞伎座と平成中村座の両方で2カ月連続で行うのは今回が初めて。10月の「芸術祭十月大歌舞伎」では昼の部に「三人吉三巴白浪」「大江山酒呑童子」「佐倉義民伝」、夜の部に「宮島のだんまり」「吉野山」「助六曲輪初花桜」を上演。「十一月大歌舞伎」では昼の部に「実盛物語」「近江のお兼」「狐狸狐狸ばなし」、夜の部に「弥栄芝居賑」「舞鶴五條橋」「仮名手本忠臣蔵」を上演する。

勘九郎と七之助は2カ月連続公演の上演決定に感謝を述べつつ、「父のモットーであった、来てくださったお客様に喜んでいただけるような興行にしたいと思います」(勘九郎)、「父のため、祖父のため、そして父を愛してくださったお客様のために命がけで勤めます」(七之助)と思いを述べた。なおステージナタリーでは会見の模様をのちほどレポートする。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

歌舞伎座「芸術祭十月大歌舞伎」十八世中村勘三郎七回忌追善

2018年10月1日(月)~25日(木)
東京都 歌舞伎座

昼の部:「三人吉三巴白浪 大川端庚申塚の場」「大江山酒呑童子」「佐倉義民伝」
夜の部:「宮島のだんまり」「義経千本桜 吉野山」「助六曲輪初花桜 三浦屋格子先の場」

平成中村座「十一月大歌舞伎」十八世中村勘三郎七回忌追善

2018年11月1日(木)~26日(月)
東京都 平成中村座

昼の部:「源平布引滝 実盛物語」「近江のお兼」「江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし」
夜の部:「弥栄芝居賑」「舞鶴五條橋」「仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場」

ステージナタリーをフォロー