ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

OMS戯曲賞受賞後1作目、悪い芝居新作に永島敬三&潮みか

89

悪い芝居「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」が、4月26日から30日まで東京・東京芸術劇場 シアターウエスト、5月12日から20日まで大阪・HEP HALLで上演される。

2016年に上演された山崎彬の戯曲「メロメロたち」が、昨年17年の第24回OMS戯曲賞で大賞を受賞した悪い芝居。受賞後1作目、そして劇団にとって記念すべき20回目の公演となる「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」は、山崎が作・演出を手がける完全新作だ。“記憶”と“記録”をテーマとした本作では、生と死が情報として記録される現代社会における悲哀と喜劇性が描かれる。

出演者には悪い芝居のメンバーのほか、柿喰う客の永島敬三、そして潮みかがキャスティングされた。チケットの劇団先行予約は2月25日23:59まで受け付けられ、一般前売りは3月3日12:00に開始される。

悪い芝居 vol.20「ラスト・ナイト・エンド・ファースト・モーニング」

2018年4月26日(木)~30日(月・振休)
東京都 東京芸術劇場 シアターウエスト

2018年5月12日(土)~20日(日)
大阪府 HEP HALL

作・演出:山崎彬
音楽:岡田太郎
出演:東直輝、植田順平、川人早貴、北岸淳生、佐藤かりん、長南洸生、中西柚貴、野村麻衣、山崎彬、渡邊りょう / 永島敬三潮みか ほか

ステージナタリーをフォロー